1. 兵庫教育大学TOP
  2. 大学紹介
  3. 学長室
  4. 平成28年度大学院学校教育学部学位記授与式式辞

平成28年度大学院学校教育学部学位記授与式式辞

  暖かい春の陽射しを日増しに感じる今日、この佳き日に、ご来賓各位のご臨席を賜り、ご家族、教職員とともに、兵庫教育大学学校教育学部、平成28年度学位記授与式を挙行できますこと、本学を代表して心からお慶び申し上げます。168名の卒業生の皆さん、そして保護者の皆様方、本日は誠におめでとうございます。

  皆さんは、本学に入学以来、教員になることを目指して勉学に励み、本日卒業という晴れの日を迎えられました。この4年間を振り返ると、ひとしお感慨深いものがあると思われます。授業に加えてクラブ活動、ボランティア活動等、さまざまな機会を通して、大切な友人を得、多くの信頼できる方々と出会われたことでしょう。

  兵庫教育大学の卒業生は、皆さん32期生を合わせると、累計5970名になります。第一期生が卒業したのは1986年3月ですから、学部開学初期の卒業生はすでに50歳を超えています。ようやく本学出身者が教育界の中心的役割を担う時期を迎えていることは頼もしい限りです。ご存知のように、本学を卒業した多くの教員が、小・中学校に勤務しており、その活躍ぶりは多方面から高く評価されています。この4月から教職に就かれる方は、是非とも、この本学先輩方とのネットワークを大切にしていただきたいと思います。

  世間一般的には「大学の授業は、実社会ではあまり役に立たない」といわれることがあります。しかし、皆さんが本学の教員養成スタンダードに従ったカリキュラムで習得されたことは、今後、日々の授業をはじめ、教育のあらゆる現場でおおいに活かされるはずです。また、実地教育を重視した本学のカリキュラムを通して、皆さんのコミュニケーション力はさらに磨かれたことと確信致します。コミュニケーション力は、教職に限らず、社会人として、今最も求められている能力の一つです。本学で学ばれた成果は、きっとこれから社会で活躍される皆さんの役に立つことでしょう。

  卒業される皆さんに、是非、心に留めていただきたいことが一つあります。それはクリエイティブな人になって欲しいということです。クリエイティブとは創造性豊かなということです。クリエイティブな仕事と言えば、例えば、作家、芸術家などを想像しますが、教職に就く人こそ、そうであって欲しいと願うのです。私は、学級経営や授業づくりというのは、極めてクリエイティブな仕事であると思います。目の前にいる児童・生徒に適した教材を工夫し、手法を考え抜いて行った授業は、学習効果を高めるだけでなく、発想の豊かな児童・生徒を生み出すことにつながるでしょう。

  21世紀は知識基盤社会とよく言われますが、これは決して知識偏重を意味しているのではありません。これからの時代、豊富な知識を持ち合わせ、それらを柔軟に活用した上での、クリエイティブな仕事がますます求められます。しかしながら、現在の学校現場での大きな問題の一つに、授業づくりのための十分な時間が確保できないという多忙感があります。限られた時間の中で、有効な授業準備を行うことは至難の業であるといえます。現実には厳しい状況が待ち受けていることが予想されますが、より良い授業への強い意識と信念を持ち、クリエイティブ精神溢れる行動力で活躍していただきたいと思います。

  社会人となる皆さんは、自分の歩むべき道は、自分で切り開いていかなくてはなりません。しかし、もし学校現場での悩み事や学級運営で、どうしても行き詰まった場合には、遠慮なく兵庫教育大学を活用していただきたい。そのためにも、本学の教職員とのつながりは卒業後も大事にしてください。そして、一定期間、学校現場で働いた後、本学の大学院に入学し、もう一度、研鑽を積んでいただき、学び続ける教員を実践していただきたいと願っております。皆さんが教員として、そして社会人として、ますます精進され、ご活躍されることを祈念してお祝いの言葉といたします。

平成29年3月23日
国立大学法人 兵庫教育大学長 福田光完

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP