1. 兵庫教育大学TOP
  2. 大学紹介
  3. 学長室
  4. 平成29年度大学院学校教育研究科入学式(夜間)式辞

平成29年度大学院学校教育研究科入学式(夜間)式辞

  本日ここに、兵庫教育大学大学院学校教育研究科夜間クラスの平成29年度入学式を挙行し、71名の新入学生を迎えましたことは、誠に歓びに堪えません。本学を代表して皆さんに心から祝意を表します。また来賓各位にはお忙しい中、ご臨席を賜りまして、謹んでお礼申し上げます。
  今年度の新入生は昼間クラス・夜間クラスの合計276名です。この中で、現職教員120名、学部新卒学生91名、社会人経験者60名、そして留学生が5名となっています。このように入学される方々の経歴が多様であることが本学大学院の大きな特色となっています。
  本学創立の経緯を少し振り返りますと、今から約45年前の1970年代の初めに、「教員のための新しい大学・大学院の構想」が議論されました。その中で兵庫教育大学の基本構想が示され、現職教員の高度の研修・研鑽の機会を確保する観点から、1978年に本学は開学いたしました。創立当時から、学校現場に内在する今日的課題の解明に資する教育研究活動を展開し、教育委員会等と大学との密接な連携協力を図るという、現在でもそのまま通用する課題を背負って、誕生したわけです。そして今年で創立から39年目を迎えます。社会・教育現場の状況は当時とは大きく変化しましたが、「指導力に優れ、人間性豊かな質の高い先生を学校現場に送り出す」という本学のミッションは、創立以来、現在にいたるまで一貫しており、全国の教員養成系大学の中でも誇るべき地位を確保しております。お陰様で、すでに9370名の優秀な修了生が学校・教育現場で活躍しております。皆さんが、このような輝かしい歴史を持つ本学大学院で学ばれ、そして、多くの先輩方と同じく、巣立っていくことは、本学だけでなく全国の教育機関からも大きな期待が寄せられています。
  これから大学院で学ばれる皆さんに申しあげたいことはたくさんありますが、ここでは夜間クラスを意識して三点に絞ってお話しします。
  一つめです。特に夜間クラスには、これから2年、或いは3年間に学ぶべきこと、自分が達成すべき目標を明確に定めておられる方が多いのではないでしょうか。時間は世界中の人間に物理的には平等に与えられています。しかし、それをどう使うかは、まさにその人次第です。そのチャンスを逃さないようにして欲しいのです。学びたいという熱意をもって、夢中になって勉学に取り組んでいる人は、日本中にたくさんいます。今は大手企業でも、夜間に勉強会を開くと、大勢の若手社員が来るそうです。学びはいつも、自分自身の課題であって、誰かに認めてもらいたいからするのではありません。まさに「一日一生」、自分自身の瞬間・瞬間を大切にするということです。夜間クラスの修了生の話を聞くと、その時は夢中だったが、振り返ってみると「2年間であれだけのことができるんだ」という自信に変わったといわれます。それ故に、本学で学んだ期間は自らの人生にとって大変貴重だったと言われます。きっとその方々が限られた時間枠の中で、瞬間・瞬間を精一杯やり抜かれたのだと思います。
  二つめは、「冷静に議論できる力」を身に付けていただきたいのです。研究テーマや学びの成果について指導教員やゼミの仲間とじっくり議論できるのは、大学院生に許された特権です。しかし、実際、何かについて議論を始めると、一方的に相手を自分の意見に屈服させようとしたり、論理が曖昧なまま、相手に承認を求める人がいます。議論は、自分の論理・思考・アイデアと異なった人がいることにその中で気付き、他者の意見にも正当性があると判断すれば、自分の考えに修正を加えることでより明確になるものです。冷静な議論は、お互いを高め合うことにつながります。特に多くの教育の問題というのは、自然科学と違って、「これが正解」というものがありません。議論するためには、豊富な知識と思考の深さが求められます。ですから他者の意見にゆっくり耳を傾け、理解しようとする寛容さが必要です。どうぞ皆さん、単位取得に奔走するのではなく、教育の課題をじっくり考える癖をこの大学院在学中につけ、実のある議論に結び付けていただきたいと希望します。
  三点めです。本学の大学院学生は多様ですが、夜間クラスの皆さんは、昼間クラスの学生と普段接することがありません。コースによっては昼間クラスと合同でゼミをやられるところもあるかもしれませんが、基本的に接する機会は限られています。しかし、学ぶ意欲の高い方が集まっておられる皆さんの中でのコミュニケーションはすごく大切です。授業で一緒に学ぶ他コースの同僚や、一つ上の学年の方との巡り合いは、偶然であり、ある意味、宝物のようなものです。相手が現職教員であるのか、他の業種の社会人であるのかとか、年齢が上であるのか下であるのかを考える必要はありません。皆同じ兵教大大学院同窓生です。この偶然を大切にしていただきたいと思います。指導教員とのゼミの時間は、最も重要な時間です。指導教員から学ぶことで視野が広がります。また、指導教員以外にも授業担当やご自分の研究テーマに関係する大学教員にも自ら積極的に尋ねてください。職場を持ちつつ、夜間クラスで学ぶという厳しい環境の中で、目的を果たされた修了生の絆はたいへ強いと聞いています。助け合い、励まし合いは、脱落しかけそうな自分を救ってくれるかもしれません。そんな時は、素直に感謝の気持ちを表してください。
  以上、三点申し上げました。それでは皆さん御一人御一人が主体性を発揮し、学業生活が充実したものであることを祈念いたしまして式辞といたします。

平成29年4月5日
国立大学法人 兵庫教育大学長 福田光完

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP