1. 兵庫教育大学TOP
  2. 大学案内
  3. 広報
  4. 教員の著書
  5. 中学校新学習指導要領の展開 美術科編

教員の著書

2009年11月24日掲載

中学校新学習指導要領の展開 美術科編

中学校新学習指導要領の展開 美術科編

編著:
福本謹一(体育・芸術教育学系教授)
水島尚喜(聖心女子大学教授)
出版社:明治図書
発行年月:平成21年3月

目次

まえがき

Ⅰ 改訂のねらいと基本方針
 はじめに
 1 教育基本法の改正
 2 「生きる力」をはぐくむ
 3 改善の基本方針

Ⅱ 新学習指導要領 美術科の新しい課題
 1 改訂の基本的な考え方
 2 これから取り組むべき新しい課題
  (1) 美術科の教科性を踏まえた指導理念の確立
  (2) 美術科で育てる資質や能力
  (3) 生徒が楽しく主体的に学ぶ美術科へ
  (4) 感性の育成
  (5) 豊かな情操を養う
   ①創造活動とその喜び
   ②美術科の諸能力の育成
  (6) 鑑賞の指導の充実を図る
  (7) 個に応じた多様な表現方法の選択を広げる
  3 これからの美術科教育の指導のポイント
  ◎第1学年と第2学年及び第3学年のねらいの違いを踏まえる
  ◎主題形成の重要性
  ◎生活を豊かにする美術の働き(感性,共通事項,用途や機能)
  ◎多様な表現方法の選択(技能の活用幅の拡大)
   *創造的な技能として「A表現」 (3)を独立させて示した
   *多様な表現方法,表現形式等は,「内容の取扱い」にまとめて示した
  ◎価値をつくり出す鑑賞
   *感じ取ることと知ること
   *言語活動の充実
   *〔共通事項〕を柱にした鑑賞
  ◎文化の理解
  ◎美術館との連携
  ◎教える,気付かせる,委ねる
 4 「特別活動」「総合的な学習」との連携

Ⅲ 中学校美術科の改訂事項の解説
 1 教科の目標
 2 各学年の目標
 3 内容の構造
 4 「A表現」の概要
 5 「B鑑賞」の概要
 6 〔共通事項〕
 7 指導計画の作成と内容の取扱い
【①指導計画作成上の配慮事項】
 ◆ 「A表現」及び「B鑑賞」の関連を図る必要性
 ◆ 〔共通事項〕の指導計画への位置付けの必要性
 ◆ 「A表現」(1)及び(2)と(3)の関連の取扱い
 ◆ 描く活動とつくる活動の両方の経験重視
 ◆ 描く活動・つくる活動と指導計画
 ◆ 各学年における「A表現」の指導計画
 ◆ 「B鑑賞」の充実
 ◆ 適切かつ十分な時数設定と指導計画
 ◆ 「道徳」の時間などとの関連
【②内容の取扱い】
 ◆ 表現形式の選択
  ◇ スケッチ
  ◇ 多様な表現方法
 ◆ 美術館等の活用
  ◇ 多様な作品の鑑賞
  ◇ 日本の果たしている役割,国際貢献
  ◇ 地域の材料や題材
 ◆ 自己実現を果たしていく態度
  ◇ 自己実現と表現
  ◇ 個々に応じた目標の設定
 ◆ 共同で行う創造活動
  ◇ 共同の意義
  ◇ 適切な役割分担
 ◆ 著作権
  ◇ 作品のもつ価値
  ◇ 独創性の視点
【③安全指導】
 ◆ その他配慮すべき事項
 ◆ その他校舎外での配慮事項
【④鑑賞の環境づくり】
 ◆ 平素の学校生活の中で,親しめるようにする
 ◆ 適切な場所に展示したり,備えたりすること
 ◆ ビデオ等の鑑賞について
 ◆ 地域で作品を展示する

Ⅳ 中学校美術科の実践課題と具体例
 [1] 主題の発想の工夫
   [題材名] 「心のなかの色・かたち」【第1学年】
 [2] 技能の選択幅の拡大(「自画像」)
   [題材名] 「14歳の自画像」~私を伝えよう~【第2学年】
 [3] 技能の選択幅の拡大(「自分を見つめる」)
   [題材名] 「立体による自我の探求」【第3学年】
 [4] 構成,装飾(「和菓子」)
   [題材名] 「和菓子をつくろう」【第2学年及び第3学年】
 [5] 伝達(「パッケージ」)
   [題材名] 「商品のパッケージデザイン①」【第2学年及び第3学年】
   [題材名] 「商品のパッケージデザイン②」【第2学年及び第3学年】
 [6] 使用(「生活で使うものをつくろう」...陶芸)
   [題材名] 「自分だけの焼き物をつくろう」【第1学年】
 [7] 対話型鑑賞(「ぼくの,わたしのモナ・リザ」)
   [題材名] 「対話を取り入れた相互教授による鑑賞授業」【第1学年】
 [8] 用と美の鑑賞(「しょうゆさし」)
   [題材名] 「ロングセラーの秘密を探る」~K社のしょうゆさし~【第1学年】
 [9] 環境(「街の中の彫刻」)
   [題材名] 「街の中の彫刻を見つめて」(鑑賞)【第2学年及び第3学年】
 [10] 日本の美術文化(「屏風絵」)
   [題材名] 『彦根屏風』をのぞいてみよう【第2学年及び第3学年】
 [11] Web鑑賞(「異文化発見」)
   [題材名] 「異文化発見! 国境を駆ける鑑賞」~Webこども美術館を活用して~【第1学年】
 [12] 「学校」美術館設立への取り組み

付録・中学校学習指導要

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  • English
  • 本学で学びたい方へ
  • 本学で学びたい現職教員の方へ
  • 在学生の方へ
  • 自治体・企業の方へ(連携・協働)
  • 修了生・卒業生の方へ
  • 入試情報
  • 大学紹介
  • 各コース紹介
  • キャンパスライフ
  • 国際交流
PAGETOP