1. 兵庫教育大学TOP
  2. 大学案内
  3. 広報
  4. 教員の著書
  5. 教育実践学としての社会科授業研究の探究

教員の著書

2015年4月13日掲載

教育実践学としての社会科授業研究の探究

harada150320.jpg

 

  連合大学院共同研究プロジェクトNの研究成果として刊行したもので,本学からは編者の原田智仁の他,米田豊,關浩和,吉水裕也の各教授が参加し執筆している。また,連合大学院の学生4人,修了生3人も執筆した。
  本書の特質と意義は,社会科授業研究の課題である「授業理論の実証性」,「授業評価の有効性」,「授業力の形成」,「研究者と実践者の関係性」について,子どもや学校教員への寄与の観点から考察し,パラダイム・シフトを提案したところにある。

編著:原田智仁(小学校教員養成特別コース教授)
梅津正美(鳴門教育大学教授)
出版社:風間書房
発行年月:平成27年3月20日

はしがき

執筆者一覧

序章 教育実践学としての社会科授業研究―視点と方法―

 第1節  本研究の目的と主題設定の理由
 第2節  社会科授業研究の方法と反省―論理実証主義の方法論―
  1.社会科教育研究の基本原則
  2.社会科授業研究の課程と指針
  3.社会科授業研究の反省
 第3節  教育実践学としての社会科授業研究の構想
  1.研究の方法
  2.本書の構成

第Ⅰ部 PDCAに着目した社会科授業研究

第1章 開発プロセスに着目した社会科授業研究

  第1節  概念形成学習としての小学校社会科授業研究

  1.概念形成学習の開発プロセスの実際
  2.教育実習生による概念形成型授業の開発プロセス
  3.教師のキャリアに着目した開発プロセス研究の意義―教員の意義―

  第2節  批判的思考力育成学習としての中学校社会科授業開発
  1.批判的思考力育成学習の授業開発と実践
  2.批判的思考力育成学習の授業分析と教師の授業力

  第3節  理論批判学習としての高校世界史授業開発
  1.理論批判学習の授業開発と実践―「産業革命とアフリカ」を事例に―
  2.理論批判学習としての授業開発の分析・評価

第2章 評価プロセスに着目した社会科授業研究

  第1節  研究者のファシリテーションによる評価プロセス―社会認識形成に着目して―

  1.はじめに
  2.研究の方法
  3.ファシリテーションの実際
  4.まとめ

  第2節  実践者のリフレクションによる評価プロセス―価値観形成学習を事例として―

  1.はじめに
  2.多面的な価値判断に基づく社会認識形成をめざす小学校社会科授業設計
  3.多面的な価値判断に基づく社会認識形成をめざす小学校社会科授業実践
  4.実践者のリフレクションによる評価プロセスの分析
  5.おわりに

  第3節  アクションリサーチによる社会科授業改善研究のプロセス

  1.問題の所在
  2.授業改善のための評価研究の方法・手順
  3.アクションリサーチの実際
  4.評価プロセスに着目した社会科授業研究における方法論

第3章 改善プロセスに着目した社会科授業研究

  第1節  アクションリサーチによる社会科授業改善研究のプロセス

  1.小学校社会科における授業改善の実際―小学校第6学年「大昔の人々のくらし」を事例に―
  2.中学校社会科地理的分野における授業改善の実際―「橿原市における自然災害」を事例に―
  3.中学校社会科歴史的分野における授業改善の実際―「分立する権力と武士の登場」を事例に―

  第2節  授業仮説からアプローチする社会科授業改善の理論

  第3節  授業場面からアプローチする小学校社会科授業改善

  1.小学校社会科授業改善に向けて
  2.授業場面からアプローチする社会科授業研究
  3.授業場面からアプローチする授業改善の評価

第Ⅱ部 子どものの社会認識発達に着目した社会科授業研究

第4章 子どもの社会認識発達に関する調査と社会科授業開発

  第1節  中学生の社会認識発達に関する調査

  1.子どもの社会認識発達に着目した社会科授業研究の視点
  2.中学生の社会的思考力・判断力の発達に関する調査

  第2節  中学生の社会的思考力・判断力の発達

  1.中学生の社会的思考力・判断力についての調査結果
  2.中学生の社会的思考力・判断力の発達仮説

  第3節  中学生の社会認識発達の特性をふまえた社会科授業仮説―実験的授業の計画と実践における方法論―

  1.研究課題
  2.実験的授業のための教授書とポストテストの開発
  3.実験的授業の計画と実践
  4.データの分析と評価

第Ⅲ部 教師の多様化をふまえた社会科授業研究

第5章 教員養成教育における社会科授業力形成―上越教育大学の社会系コースでの取り組みを事例として―

  はじめに
  第1節 教員養成教育における社会科授業力形成
  第2節 上越教育大学とその教員養成教育
  第3節 上越教育大学社会系コースにおける社会科教員養成

  1.1年次の教育
  2.2年次の教育
  3.3年次の教育
  4.4年次の教育

おわりに

第6章 教員研修における社会科授業力形成

  第1節 行政機関における研修(研修)の難しさと多様性

  第2節 広島県立教育センターにおける平成17年度教育長期研修の実際と社会科授業力形成

  1.広島県立教育センターにおける平成17年度教員長期研修の実際
  2.教員長期研修における社会科授業力形成

  第3節 教員研修における社会科授業力形成とその条件
  1.「二つの目標齟齬の二重構造」とゲートキーピング
  2.「研修」から「研究」への変革の条件

  第2節 教員研修による社会科授業力形成が示唆するもの

第Ⅳ部 社会科授業研究方法論の特質と課題―アジアの視点から―

第7章 日本の社会科授業研究方法論の特質と課題

  第1節 問題の所在

  第2節 社会科教育関係学会誌における授業研究の動向

  第3節 混合研究法表記システムと視覚的ダイアグラム

  第4節 分析結果
  1.質的データの量的データへの転換による解釈
  2.複数の質的データによる解釈
  3.質的データと量的データの両方を利用した解釈

第8章 韓国の社会科授業研究方法論の特質と課題

  第1節 問題の所在

  第2節 授業研究に影響を及ぼした主要な要因

  第3節 社会科授業研究の類型と特徴

  1.分権研究
  2.過程産出研究
  3.媒介過程研究
  4.質的研究
  5.混合研究

  第4節 おわりに

第9章 インドネシアの社会科授業研究方法論の特質と課題

  第1節 はじめに―授業研究の導入―

  第2節 インドネシアにおける社会科授業研究の事例

  1.実践の概要
  2.実践の分析
  3.授業研究の現状

  第3節 おわりに

終章 社会科授業研究方法論のスタンダード化の可能性

  第1節 今なぜ授業研究方法論のスタンダード化か

  第2節 米国のレッスンスタディが示唆するもの

  1.社会科レッスンスタディの概要―UCI歴史プロジェクトの場合―
  2.社会科レッスンスタディの具体的展開―ホルヴァーセンらの場合―

  第3節 関連書科学の研究スタンダードの原理と特色

  1.RANDのスタンダードにみる研究の一般的要件
  2.AERAのスタンダードにみる教育研究の目的・原則・構造

  第4節 社会科授業研究方法論のスタンダード化に向けて

  1.社会科授業研究方法論固有の要件
  2.社会科授業研究方法論スタンダード(試案)

  あとがき

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  • English
  • 本学で学びたい方へ
  • 本学で学びたい現職教員の方へ
  • 在学生の方へ
  • 自治体・企業の方へ(連携・協働)
  • 修了生・卒業生の方へ
  • 入試情報
  • 大学紹介
  • 各コース紹介
  • キャンパスライフ
  • 国際交流
PAGETOP