1. 兵庫教育大学TOP
  2. 入試情報
  3. 学校教育学部
  4. 専修・コースの紹介

専修・コースの紹介

  1. 学校教育専修
  2. 教科・領域教育専修

学校教育専修

専修・コース紹介1

学校教育専修は,幼児期・児童期の発達課題にふさわしい教育内容やカリキュラム,子どもの理解や学校教育の在り方についての教育学的,心理学的知見を身につけ,さらに,学校教育現場における様々な問題行動を解決し,予防的指導を行うことができる教員の養成を目指します。

学校教育系コース
学校教育系コースでは,学校教育の成立基盤となる教育理念,教育思想,心身の成長と発達,学校指導者のリーダーシップ,教師と児童・生徒の人間関係,授業における教授と学習,教育課程,学校・家庭・社会における児童・生徒の心身の発達と適応問題などについて,教育学的・心理学的立場から学習し研究を行います。
幼年教育系コース
幼年教育系コースでは,子どもの幼年期(乳児期・幼児期・児童前期)における生活,遊びなどに関する発達やカリキュラムについて学びます。さらに,幼児教育,小学校教育及び家庭教育・地域との連携も含めた幼年教育の理論と実践について総合的な学習と研究を行います。
学校心理系コース
学校心理系コースでは,幼児・児童・生徒の学習活動と人間関係の促進,不適応の早期発見とその教育臨床心理,発達障害のある子どもとその家族への支援,子ども達及び教師や親の精神保健に関する基礎的理論と実践について学習し研究を行います。

教科・領域教育専修

専修・コース紹介2

教科・領域教育専修は,子どもの発達段階に応じた各教科の教育内容や教育方法及びカリキュラムについての深い理解のもとに教科学習を指導することのできる,実践的な指導能力をもった教員の養成を目指すとともに,教科横断的学習を主とする「総合的な学習」に関する知見と実践的指導力を身につけ,学校教育現場においてその推進者となることができる教員の養成を目指します。

言語系コース
言語コースには,国語分野と英語分野があります。
国語分野では,国語学(現代語・古典語),国文学(近代文学・古典文学・児童文学),漢文学及び学校教育の実践に視点を置く国語科教育学(国語科教育及び書写・書道科教育),日本語教育の実践に視点を置く日本語教育学について学習し研究を行います。
英語分野では,英語教育の実践を目標として,英語学,英米文学,英語教育学のそれぞれにおいて学習と研究を行います。
社会系コース
社会科教育の実践力形成を目標として,人文・社会諸科学の内容論と社会科教育学との二つの柱から成り,それぞれの内容に即して学習と研究を行います。
自然系コース
自然系コースは,数学分野と理科分野があり,各分野における教科内容とその背景,及び各分野の教科教育について,基礎的な知識や方法論を修得し,3年次以降は,それぞれの分野を中心として,算数・数学または理科に関する内容と教育方法の両輪の実践力を備えた教員を目指し,理論的・実践的な学習と研究を行います。
芸術系コース
芸術系コースには,音楽分野と美術分野があります。両分野とも教育的実践,指導方法,教材開発などの教科教育学と芸術的な感性や表現の能力を高める演奏や制作,鑑賞批評に関する理論などを通して,真に文化的で創造的な活動へと導く芸術科教育に取り組みます。学校および人間生活をより豊かにする教科として,音楽科と図画工作・美術科教育の可能性を多角的に広げる学習と研究を行います。
生活・健康系コース
生活・健康系コースには,保健体育分野と家庭分野があります。
保健体育分野では,運動・スポーツや健康の教育に関する理論及び実技,さらに,これらを総合した保健体育の教育実践に必要な知識や技術について学習と研究を行います。
家庭分野では,生活環境の変化に対応した家庭科の役割及び教育に関する基礎理論と実践について学習し研究を行います。
総合学習系コース
総合学習系コースは,小・中・高等学校での「総合的な学習の時間」について研究し,これに弾力的に対応できるような指導能力をつけるために設けられているコースです。
具体的には,「総合的な学習の時間」における横断的・総合的な学習や探究的な学習を通して得られる,児童・生徒の資質・能力を明らかにするとともに,その実践・評価等の「教育方法」を研究します。あわせて,内容としての「国際理解」「情報」「環境」等についての理論的・実践的な学習と研究を行います。

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP