1. 兵庫教育大学TOP
  2. 入試情報
  3. 大学院修士課程
  4. 理数系教員養成特別プログラム

実践力のある理数系教員を養成する

  1. 理数系教員養成ユニット
  2. 現職教員キャリアアップユニット

理数系教員養成ユニット

中学校,高等学校における数学または理科の確かな学力を育成する実践的指導力を持ったスペシャリスト教員を養成します。

3年間かけて学ぶ長期履修学生制度を活用し,修了時には,中学校・高等学校の数学または理科の専修免許状を取得することが可能です。

理数系教員養成ユニットの特徴

長期履修学生制度(3年間)を活用

大学院の教育課程と学部の教職課程を併せて履修
学校教育学部の教職課程は学部生と一緒に受講しますが,一部授業科目については大学院クラスを編成します。
教育課程を工夫
プログラムが受講しやすくなるよう大学院の教育課程と学部の教職課程を工夫しています。また,大学院の教育課程に本ユニット受講生を対象とした授業科目(数学2科目,理科2科目)を開設します。
体系的な実地教育(教育実習)を実施
本学の実地教育体系は学内外から高く評価されています。また,本ユニットでは中学校と高等学校の両方で教育実習を実施します。

受講生のためのアドバイザー教員を配置

理科の実験指導のための授業科目が充実

受講生専用の部屋(プログラム支援室)を整備
受講生の交流の場として,また,教員採用試験の筆記試験対策の自習室,面接試験等のグループ学習の場として利用できます。
充実した就職指導
教員採用試験対策講座の実施や各都道府県の採用情報の提供,キャリア開発指導員による面接などを行っています。

受講申請について

受講申請できる人
本学大学院学校教育研究科(修士課程)の人間発達教育専攻,教科教育実践開発専攻を志願する人。ただし,次のいずれかに該当する人は申請できません。
  • 臨床心理学コースの志願者
  • 夜間クラスの志願者
  • 現職教員(入学時までに退職する場合は可)
受講できる人
受講希望者には,大学院選抜試験とは別に試験を実施します。試験結果により次のとおり受講を許可します。
  • 前期選抜試験合格者のうち10人程度
  • 後期選抜試験合格者のうち5人程度
授業料
2年分の授業料を3年間に分割して納入します。
修得すべき単位数
  1. 全く教員免許状を所有していない人
    大学院修了要件単位数・・・32単位,学部教職課程・・・69単位 計101単位以上
  2. 幼稚園,小学校,中学校(数学・理科以外)および高等学校(数学・理科以外)のいずれかの1種免許状を所有している人(新法適用者)
    大学院修了要件単位数・・・32単位,学部教職課程・・・51単位 計83単位以上
  3. 中学校および高等学校のいずれかの教科に関する1種免許状を所有している人
    大学院修了要件単位数・・・32単位,学部教職課程・・・37単位 計69単位以上
  • ※専修免許状を取得するには,上記の単位に加えて2~14単位(専攻・コースにより異なる)の修得が必要です。
  • ※出身大学学部で中学・高等学校の「数学または理科」の教員免許状取得にかかる教科に関する科目や教職に関する科目の単位を修得していれば,その単位数を控除できる場合があります。また,控除できる単位数が多数の場合は,2年間で修了できることがあります。詳細については,お問い合わせください。

現職教員キャリアアップユニット

中学校,高等学校における数学または理科の教員免許状取得を目指す現職教員の学生を対象に,キャリアアップを図ります。

現職教員キャリアアップユニットの特徴

2年間の大学院在学期間中に,数学又は理科の教員免許状(1種または2種)取得に必要な学部の単位を修得
(注)所属するコースが理数系教育コース以外の場合は,当該コースのカリキュラムや時間割の都合により,教員免許状取得に必要な学部の授業科目を履修できない場合があります。
大学院の教育課程と学部の教職課程を併せて履修
学校教育学部の教職課程は学部生と一緒に受講しますが,一部の授業科目については大学院クラスを編成します。
教育課程を工夫
プログラムが受講しやすくなるよう大学院の教育課程と学部の教職課程を工夫しています。また,大学院の教育課程の中に本ユニット受講生を対象とした授業科目(「中等数学授業研究」,「中等理科授業研究」)を開設します。

受講申請について

受講申請できる人
本学大学院学校教育研究科(修士課程)の人間発達教育専攻,教科教育実践開発専攻の学生で,現職教員である者。ただし,次のいずれかに該当する人は申請できません。
  • 臨床心理学コースの学生
  • 夜間クラスの学生
  • ※免許取得のためには,以下の「免許取得のための要件」を満たしている必要があります。
受講できる人
10人程度(入学後の面接などによる選考で受講者を決定します。)
授業料
大学院の授業料のみで学部の教職課程を受講することができます。
修得すべき単位数
大学院修了要件単位数32単位に加えて,取得免許によって以下の学部教職課程の単位(10~28単位)の修得が必要です。
取得を希望する免許の種類免許取得のための要件修得単位数
数学中学校1種免許状 中学校普通免許状(2種免許状を除く。)(数学以外)を持っている。 28単位
2種免許状 中学校普通免許状(数学以外)を持っている。 14単位
小学校普通免許状取得後,小学校の教員として3年以上の勤務経験がある。 16単位
高校普通免許状(数学)取得後,高校(数学)の教員として3年以上の勤務経験がある。 10単位
高等学校1種免許状 高校普通免許状(数学以外)を持っている。 24単位
中学校普通免許状(2種免許状を除く。)(数学)を取得後,中学校(数学)の教員として3年以上の勤務経験がある。 12単位
理科中学校1種免許状 中学校普通免許状(2種免許状を除く。)(理科以外)を持っている。 28単位
2種免許状 中学校普通免許状(理科以外)を持っている。 20単位
小学校普通免許状取得後,小学校の教員として3年以上の勤務経験がある。 22単位
高校普通免許状(理科)取得後,高校(理科)の教員として3年以上の勤務経験がある。 14単位
高等学校1種免許状 高校普通免許状(理科以外)を持っている。 24単位
中学校普通免許状(2種免許状を除く。)(理科)を取得後,中学校(理科)の教員として3年以上の勤務経験がある。 12単位
  • ※「中学校の教員としての勤務経験」には,中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の中等部における勤務を含みます。
  • ※「高校の教員としての勤務経験」には,中等教育学校の後期課程又は特別支援学校の高等部における勤務を含みます。
  • ※修得単位数は本学で修得する場合の単位数であるため,免許法上の修得単位数と異なっています。単位の修得方法については,受講許可後ガイダンスを受けてください。

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP