在学生・修了生レポート

  1. トップページ
  2. 在学生・修了生レポート

言語系教育コース

前田 貴代さん(2年)
言語系教育コース(国語)

- 理論に基づいた実践を -

  グローバル化に伴い、価値観の異なる相手とも粘り強く対話するコミュニケーション能力が一層求められています。そのためにもすべての言語能力の基盤となる小学校国語科の担う役割は大きいと考えます。しかし、日々の多忙さを理由に、感覚的な授業に頼ってばかりいました。そんな指導を変えたいと思い、理論に基づいた実践を学びたく、大学院への入学を決意しました。
  国語科教育、国語学、国文学、漢文学、日本語教育学など先生方の見識の深さは、自分の知見を広めることにつながっています。また校種や年齢、地域などが異なる院生との交流は新鮮で、別の角度から自分の実践を見つめ直すことができ、たくさんの刺激をもらっています。大学院では研究のための時間が保障されており、教員生活の中で貴重な学びの2年間を過ごしています。


中山 卓也さん(2年)
言語系教育コース(英語)

- 意味の正体を追い求めて… -

  数年前、同僚に「先生の夢は何ですか」と尋ねられた。その時とっさに口を突いて出た言葉が、「象牙の塔にこもることですかね」だった。思いがけない自分の言葉に驚いた。30数年前、大学院に行く友人がひどくうらやましく思えた。仕事に追い立てられ、思い出す余裕もなかったが、大学院に行く夢は確実に生きていた。あと数年で定年を迎える。今さらという思いもあったが、思い切って門を叩くことにした。学ぶことは実に愉快な作業だ。私の研究テーマは意味の正体である。言葉には確固とした意味などないことが最近ようやく見えてきた。「辞書を引いてごらん、ちゃんと意味が載っているから…」。小さい頃からそう教えられてきたが、どうもそう思わされてきただけのようだ。言葉に「ちゃんとした意味」などないのだ。意味の不可解さが私をさらなる深みへと導いていく…。
  • コース概要
  • 担当教員一覧
  • 授業科目一覧・修了要件
  • 教育研究課題一覧
  • 取得できる教員免許状と資格
  • 在学生・修了生レポート
  • 在籍学生数と進路
  • Q&A

兵庫教育大学トップページ