Q&A

社会系教育コース

  1. Q1 学部卒の、いわゆるストレートの学生です。兵庫教育大学の大学院は現職教員のための大学院と聞きました。現職教員でないために、入試で、あるいは入学後、何か不利になるようなことはありませんか。
  2. Q2 社会系教育コースと、専門職学位課程(教職大学院)の授業実践開発コースの、どちらにしようか迷っています。違いはどんなところでしょうか。また、どちらがお勧めですか。
  3. Q3 社会系教育コースでは、入試の際、教職経験者には筆記試験は課さずに、口述試験のみを課すとのことですね。そうすると、筆記試験の点数が加算されず、合計の点で不利になるのではありませんか。
  4. Q4 入試の筆記試験に準備するために、どのような勉強をすればよいでしょうか。
  5. Q5 入試の口述試験では、どのようなことを聞かれるのですか。
  6. Q6 入試に先立ち、あるいは入学前に、教員のどなたかにメールなどで連絡することは差し支えありませんか。
  7. Q7 入学後、所属ゼミや指導教員は、どのようにして決めるのですか。
  8. Q8 学部卒の、いわゆるストレートの学生で、中学校または高等学校の教員を目指しています。教員採用試験に向けてのサポート体制はどうですか。
  9. Q9 中学校の現職教員で、社会科を担当しています。大学院在学中に高等学校地理歴史科の教員免許状を取得したいのですが、可能でしょうか。
  10. Q10 教員免許状をもっていません。大学院に在学したまま取得することはできますか。
  11. Q11 中国人留学生です。入試の筆記試験は中国語で受験できますか。また、修士論文は中国語で執筆できますか。
  12. Q12 社会系教育コースには留学生が何人かいると聞きました。留学生にとって、社会系教育コースの魅力は何ですか。
  13. Q13 社会系教育コースには留学生が何人かいると聞きました。日本人学生にとって、どんな、よいことがありますか。
1 学部卒の、いわゆるストレートの学生です。兵庫教育大学の大学院は現職教員のための大学院と聞きました。現職教員でないために、入試で、あるいは入学後、何か不利になるようなことはありませんか。
そのようなことは一切ありませんので、安心してください。入試では同じく受験生、入学後には大学院学生という同じ立場です。兵庫教育大学HP「入試情報」→「大学院修士課程」→「よくある質問」の中にもよく似たQandAがありますので参照してください。一言付け加えます。ストレートの学生たちと現職教員が世代を交え、ともに机を並べて研究や勉強ができることが兵庫教育大学大学院のストロングポイントです。貴方にとって、他所では経験できない、意義深い学生生活になることでしょう。
2 社会系教育コースと、専門職学位課程(教職大学院)の授業実践開発コースの、どちらにしようか迷っています。違いはどんなところでしょうか。また、どちらがお勧めですか。
違いはその名称に如実に表されています。社会系教育コースでは社会科、地理歴史、公民の専門科目が多いのに対して、授業実践開発コースでは実習科目が多いのが特徴です。また、社会系教育コースでは修士論文を作成しますが、授業実践開発コースではそれはなく、かわりに教育実践課題解決研究があります。お勧めは、もちろん社会系教育コースです。見事、入試を突破し、晴れて入学してこられることを教員一同お待ちしています。
3 社会系教育コースでは、入試の際、教職経験者には筆記試験は課さずに、口述試験のみを課すとのことですね。そうすると、筆記試験の点数が加算されず、合計の点で不利になるのではありませんか。
安心してください。そのようなことは決してありません。教職経験者には筆記試験は課しませんが、それに相当するものとして、志望調書の「入学後の研究希望課題」を200点満点で採点します。したがって、その欄に、入学後に希望する研究の内容や計画を詳細に記述してください。ワープロなどを使用して別紙に記述することもできますが、A4サイズ1ページに限ります。詳しくは、大学院学校教育研究科の学生募集要項を参照してください。
4 入試の筆記試験に準備するために、どのような勉強をすればよいでしょうか。
筆記試験は、社会科教育、歴史、地理、公民の各分野の問題群から、1問題を選択です。まずは、兵庫教育大学HP「入試情報」→「大学院修士課程」→「過去の入試問題」を辿り、過去問を見てみましょう。ごく一般的なアドバイスですが、自分の希望する研究課題に関する本を読むなどして勉強するとよいでしょう。貴方が現役の大学生でしたら、授業、ゼミ、レポート、卒論など、当面する勉強をしっかりやることも大切です。
5 入試の口述試験では、どのようなことを聞かれるのですか。
おもに、志望理由と入学後の研究希望課題について試問します。志望理由とは、なぜ、数ある大学院の中から、兵庫教育大学大学院の社会系教育コースを志望するのかといったようなことです。希望する研究課題については、その内容、研究方法、計画、自分の研究の位置づけなどです。口述試験のためにも、入学後の研究希望課題をしっかり準備して、志望調書に分かりやすく、具体的に書くとよいでしょう。
6 入試に先立ち、あるいは入学前に、教員のどなたかにメールなどで連絡することは差し支えありませんか。
うーん、難しい質問です。当然のことながら、入試について公表されている以外のことはお答えできませんが、入学後の研究および、そのためにどのような勉強をすればよいかについて相談することはできると思います。ただし、教員の中には、事前の接触を遠慮することにしている人もいることをあらかじめ承知おきください。ともあれ、兵庫教育大学の大学院説明会に参加し、直接、教員のアドバイスを受けることを強くお勧めします。兵庫教育大学HP「入試情報」→「大学院修士課程」→「大学院説明会のご案内」を参照してください。
7 入学後、所属ゼミや指導教員は、どのようにして決めるのですか。
社会系教育コースには、さらに細分化された、歴史、地理、公民、社会系教科教育の各分野があります。そのうちから、所属ゼミを一つ、すなわち指導教員を一人決めることになります。社会系教育コースでは、学生の希望最優先です。入学時にすでに決めている人もいるでしょうし、入学後に、よく考えてから決めようという人もいるでしょう。入学直後のコース・分野別オリエンテーションにおいて、各分野、教員の詳細な紹介があり、その後、各教員が個別に十分な相談に応じます。そのためにも、自分の希望する研究課題をしっかり準備しておくことをお勧めします。
8 学部卒の、いわゆるストレートの学生で、中学校または高等学校の教員を目指しています。教員採用試験に向けてのサポート体制はどうですか。
大学院学生の研究室が整備され、個人の研究や勉強、グループでの勉強会に申し分のない環境が用意されています。また、教員採用試験の筆記試験、面接、論文作成に精通した教員も多く、個別に指導を受けることもできます。社会系教育コースのサポート体制は、兵庫教育大学大学院の中で最も充実していると言っても過言ではないでしょう。全学的なサポート拠点としては、教職キャリア開発センター(兵庫教育大学HP「キャンパスライフ」→「教職キャリア開発センター」)があります。
9 中学校の現職教員で、社会科を担当しています。大学院在学中に高等学校地理歴史科の教員免許状を取得したいのですが、可能でしょうか。
はい、可能ですし、これまでにも、そうした人は沢山いました。その場合、学校教育学部の科目等履修生として、学部の授業科目を履修し、単位を揃えることになります。それには別途、経費が必要です。詳しくは、兵庫教育大学HP「入試情報」→「科目等履修生」を参照してください。また、入学後、教育支援課教務チームを訪ねれば、担当者が個別に助言してくれます。大学院の授業やゼミの合間を縫って、学部の授業科目を履修することになりますので、指導教員ともよく相談するとよいでしょう。
10 教員免許状をもっていません。大学院に在学したまま取得することはできますか。
できますが、ハードルは高いと思います。大学院で教員免許状を取得するためには、二つの条件があります。一つは入学前に教育実習の単位を修得済み、あるいは出身大学などで教育実習の単位を修得できることです。もう一つは、入学後に、学校教育学部の科目等履修生として、学部の授業科目を履修し、教員免許状取得に必要な単位を揃えることです。したがって、教員免許状に関する単位をまったく未修得の場合は、残念ですが事実上不可能です。教員免許状取得にあと少し単位が足りないという人は可能性があります。なお、教員免許状の取得だけが目的でしたら、大学院よりも経費や労力の点で、もっと合理的な選択肢がありますので、そちらをお勧めします。
11 中国人留学生です。入試の筆記試験は中国語で受験できますか。また、修士論文は中国語で執筆できますか。
どちらも、できません。日本語だけです。貴方の大学院でのステージを充実したものにするために、入学時あるいは入学後、日本語能力試験2級(N2)程度の言語知識(文字・語彙・文法)、 読解、聴解の能力を身につけておくことを強くお勧めします。さもなければ、日常生活でも、授業やゼミなどでの勉学においても、貴方自身が苦労することになります。
12 社会系教育コースには留学生が何人かいると聞きました。留学生にとって、社会系教育コースの魅力は何ですか。
法律、経済、社会学、哲学、歴史、地理といった幅広い学問分野があることが、社会系教育コースの大きな魅力です。また、留学生の先輩たちも多く、生活や勉学の面で安心するという側面もあろうかと思います。
13 社会系教育コースには留学生が何人かいると聞きました。日本人学生にとって、どんな、よいことがありますか。
大雑把に言うと、やはり異文化理解でしょうか。多文化共生社会を身をもって体験することは貴方の貴重な経験値となるでしょう。学生として日常的に、ごちゃ混ぜになって過ごす中で、日本のことや日本語を教えたり、中国語を教わったりしている人もいます。

各コース・分野共通

  • コース概要
  • 担当教員一覧
  • 授業科目一覧・修了要件
  • 教育研究課題一覧
  • 取得できる教員免許状と資格
  • 在学生・修了生レポート
  • 在籍学生数と進路
  • Q&A

兵庫教育大学トップページ