本文へスキップ

本サイトは兵庫教育大学大学院 教育コミュニケーションコースのHPです。


採用情報院生生活

1〜3月

1月

*口頭試問に向けて・・・・・
12月に提出した修士論文ですが、それで終わりではありません。
1月末〜2月頭にかけて、提出した論文についての口頭試問が行われるため、
M2生はふたたび心身を修論モードに持っていきます。


それを見ているM1生も、自身の問題意識、テーマ設定の絞り込みを行っていきます。


2月

*口頭試問〜再提出

口頭試問は約30分間。提出した論文の意義についてや、本文中の疑問点などについて先生方から質問され、それに答えます。
研究テーマによっては教育コミュニケーションコースの先生方だけでなく、他コースの先生方が入られることもあります。

試問で先生方から指摘された問題点を再考し、修正した上で、最終提出をします。





*後期終了、春休みへ
後期の講義は2月半ばでだいたい終わり、そこから春休みです。

といってもM2生は3月頭の修論報告会の準備であったり、M1生は自身の修論であったりと
結局何かしらやるべきことに追われることとなります。

でも、そのような時間の中でみんなで旅行に行ったりと、学生生活もしっかりと楽しみます。

 



3月

*修士論文報告会
3月上旬に、M2生が修士論文を発表する報告会が行われます。
中間発表同様、昼間コース、夜間コースのそれぞれの学生と先生方が参加し、質疑応答を行います。
加えて、この報告会ではM2生による「修論で辛かったこと」や「M1へのアドバイス」も多く語られ、
M1生にとってとても参考になる会となっています。

 




もちろんその後は打ち上げです。

 

こうして全体で集まるのは最後なのでなんだか寂しい気もしますが、みんなでその時間を楽しみます。

*行事ではないですが・・・・院生ライフ(3)
3月のこの時期、大抵のゼミがゼミ旅行を行います。
行き先・内容はゼミによって様々ですが、学部生から院生までみんな一緒ということもあって
かなり和気あいあいとしたものになっています。

 




*修了式
そして3月下旬、あっという間に修了式です。
修了の際、誰しもが口を揃えて言うのが「教コミでよかった!」ということ。
ここで出会ったひとつひとつの縁を大切にして、それぞれが新しい道に進みます。

 



 



最初にもどる

バナースペース


国立大学法人兵庫教育大学

人間発達教育専攻
教育コミュニケーションコース

〒 673−1494
兵庫県加東市下久米942−1