平成27年度ボランティアス テーション・ネットワーク交流会を実施しました。

2月19日(金),本年度の学生たちのボランティア活動を振り返り,その体験から得た学びを発表・共有する場として「平成27年度ボランティアス テーション・ネットワーク交流会」を実施しました。交流会には、学生ボランティア派遣先団体のうち、45団体・58名の参加者があり、本学からは学生41 名,教職員12名,総勢111名の参加がありました。

今回の交流会は,テーマを「つなぐ」として,計画段階から会場準備・進行までその殆どをボランティアステーション学生スタッフが中心となって企画・運営しました。

体験発表をした学部3年生は,「発表の機会が持て,今までの3年間のボランティアに対する整理をすることができた。またその発表をたくさんの人に聴 いていただいたことで,今回発表をした自分と,聴いて下さった皆さんを裏切らないようこれからも努力をしていかないといけないと感じた。」と話してくれま した。また学部2年生は,ワークショップについて,「実際に団体の方々の意見を聞くことができて,自分の思っていることも話すことができ,本当に充実した 時間でした。新たな視点,新たな目標ができました。」

参加された団体関係者からは,「学生自ら主体的に創り上げる交流会。参加者も増え,より意義深くつながりのできる素晴らしい会になっているなと感じました。」や「一人ひとりの発表がよかった。実体験に基づくものですごく心打たれました。」等の感想が寄せられました。

ボランティアステーションは今年で設置から3年が経とうとしていますが、設置初年度に比べ、今年度は学生の派遣件数が倍増するなど体験の幅・機会と も広がっています。これからも、学生が地域や社会に自身を開き、また国を越えてのボランティアなどグローバルな広がりも期待しています。

「学生発表」

「ワークショップ①」

 

「ワークショップ②」

「ワークショップ 全体発表」