HOME > 本学の特色 > 日本で唯一博士(学校教育学)を授与
本学の特色 Features of the University

大学院連合学校教育学研究科

日本唯一の学位博士(学校教育学)を授与

 連合学校教育学研究科(博士課程)は,兵庫教育大学を基幹大学とし,上越教育大学,岡山大学及び鳴門教育大学の4大学が連合して構成している後期3年のみの博士課程です。

兵庫教育大学 上越教育大学 岡山大学 鳴門教育大学

 連合学校教育学研究科(博士課程)は,実践に根ざした学校教育学を独自の学問分野として確立し,今日の教育課題の解決と学校教育の質的改善・改革に貢献しています。
 これまで学校教育実践について高度で専門的な研究を行い,学校教育実践学及び教科教育実践学の分野において,自立して研究・実践できる研究者及び専門職教育者を輩出してきた結果,平成28年度から学生募集定員が24名から32名へ増員となりました。

教員養成の高度化に応える実践的研究指導力を持った優れた研究者を養成するため,教育実践学コンピテンシーを策定

定義
 教育実践に関する高度な研究課題を見出し,仮説・検証を通して理論の構築を図ると共に新たな実践を創造・開発する活動を協働的に遂行し,指導することのできる能力・資質。
要素

@多様な教育実践や教育諸課題を観察・分析し,そこから適切な研究課題を設定したり,研究計画を立案したりする能力や資質

A研究課題に係る仮説を設定し検証する研究を,教育調査や教育統計に関する知識・技能を駆使して遂行する能力や資質

B研究成果を多様な形で現場の実践に還元する能力や資質

C研究の諸局面で積極的に他の研究者・実践者と協働することのできる能力や資質

D研究を指導したり,現場の実践を研究的に支援したりする能力や資質

▲Page Top