HOME > 大学院・学部 > アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー
大学院・学部 Graduate School / Faculty

アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー Admission Policy and Curriculum Policy and Diploma Policy

■大学院学校教育研究科(修士課程) Graduate School of Education (Master's Program)

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

学校教育研究科(修士課程)は,主として現職教員の研究・研鑽の機会を確保し,学校教育に関する実践的な教育研究を推進することによって,高い力量をもった教育指導者を育成することを目的とします。
入学者の選抜に当たっては,教育にたずさわることへの使命感と熱意をもち,自らの資質能力の向上を志向する現職教員や,高い専門性と実践力をもった初等・中等教育教員になることを強く志向する者を選抜します。

【入学者選抜の基本方針】
学校教育研究科(修士課程)のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)に基づき,筆記試験や口述試験等の評価を総合して入学者を選抜します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学の修士課程では,現職教員及び新人教員の学校教育に関する研究・研鑽の機会を確保し,学校教育の実践にかかわる諸科学の総合的・専門的研究を通して,教育力・人間力に優れ,高い専門性を持つ教員並びに心理専門職を養成することを目的とした教育に資する理論と実践の融合を図るカリキュラムを主に次のような科目区分により編成します。

【共通科目】
教員として身に付ける教養的な内容,実践的な理論や方法論の内容を扱う教職教養科目及び教職共通科目からなります。
【専攻科目】
教員として高度の専門性を高め,多様化する教育課題・知識基盤社会へ対応する知見を修得する専門科目と探究力を養成する課題研究からなります。その他,教員等の力量形成に資する各種の教育プログラムを提供し,幅広い教育ニーズに対応する授業科目も設定します。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学の修士課程では,2年以上(長期履修学生は3年以上)在学し,所定の単位を修得し,以下のような資質や能力を獲得するとともに,必要な研究指導を受けて,修士論文の審査及び試験に合格した者に修士(学校教育学)の学位を授与します。

  • ◎優れた実践活動を創造するため,自らの教育実践・活動を客観的に省察し,理論の構築と探究を不断に行うことができる力
  • ◎教育の背景となる理論や子どもの特性について総合的・専門的知識を有し,教育実践等に応用し課題解決を図ることができる力
  • ◎教科等に関する幅広い知見を有し,理論知と実践知の融合を図ることができる力

■ 大学院学校教育研究科(専門職学位課程[教職大学院])
Graduate School of Education (Professional Degree Program)

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

学校教育研究科(専門職学位課程)は,高度の専門性が求められる教職を担うための深い学識及び卓越した能力を培い,学校現場における実践力や応用力などの資質能力を身に付けた指導的教員及び学校づくりの有力な一員となり得る新人教員を養成することを目的とします。
入学者の選抜に当たっては,地域や学校における指導的役割を果たし得る教員等として不可欠な確かな指導理論と優れた実践力・応用力を備えたスクールリーダーになることを志向する現職教員や,学部段階での資質能力を修得した者の中から,さらにより実践的な指導力・展開力を備え,新しい学校づくりの有力な一員となり得る教員を志向する者を選抜します。

【入学者選抜の基本方針】
学校教育研究科(専門職学位課程)のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)に基づき,筆記試験や口述試験等の評価を総合して入学者を選抜します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学の専門職学位課程では,現代のさまざまな教育ニーズに対応できる高度な専門性と実践力・応用力を備えた教員の養成・研修を行うことを目的とした体系的なカリキュラムを以下のような科目区分により編成します。

【共通基礎科目】
学校教育における中核的・指導的役割を果たし得る教員として必要な基礎的領域に基づいた授業科目からなります。
【専門科目】
具体的な事例に関する知識を,基礎理論をもとに構造的かつ体系的に捉えることができ,学校現場の諸課題に取り組むことのできる実践研究力を備えた教員を育成する科目からなります。
【実習科目】
実践的指導力の強化を図るため,学校や教育行政現場等の教育活動等全体について総合的に体験し,考察することのできる実習科目を設定します。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学の専門職学位課程では,2年以上(小学校教員養成特別コースに所属する学生,長期履修学生は3年以上)在学し,所定の単位を修得(小学校教員養成特別コースに所属する学生は,小学校教員専修免許状の所要資格を得るための単位を修得)し,以下のような資質や能力を獲得した者に教職修士(専門職)の学位を授与します。

  • ◎優れた実践活動を創造するため,自らの教育実践・活動を客観的に省察し,理論の構築と探究を不断に行うことができる力
  • ◎深い学識,社会人としての確かな見識を備え,新しい学校づくりに貢献できる力
  • ◎高度の専門性と優れた実践力・応用力・経営力を備え,組織的に学校現場の課題解決ができる力
  • ◎同僚・保護者や地域社会との協調的関係を構築することができる力

■大学院連合学校教育学研究科(博士課程)
The Joint Graduate School (Ph. D. Program) in Science of School Education

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

連合学校教育学研究科(博士課程)は,兵庫教育大学を基幹大学とし,上越教育大学,岡山大学及び鳴門教育大学の4大学が連合して構成している後期3年のみの博士課程であり,実践に根ざした学校教育学を独自の学問分野として確立し,今日の教育課題の解決と学校教育の質的改善・改革に貢献することを目的とします。
本研究科は,学校教育実践について高度で専門的な研究を行い,学校教育実践学及び教科教育実践学の分野において,自立して研究・実践できる研究者及び専門職教育者を志向する人材を求めます。

【入学者選抜の基本方針】
連合学校教育学研究科(博士課程)のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)に基づき,筆答試験,口述試験及び成績証明書の審査の結果を総合して入学者を選抜します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

連合学校教育学研究科(博士課程)は,これまでの教育科学及び教科専門科学の各専門分野の枠にとらわれない各専門領域を有機的に統合した授業科目を次の区分により編成し実施します。

@総合共通科目
教育実践学の構築に関わる教育研究の遂行にあたって,教育課題を的確に把握し,課題解決の方略を提示することのできる総合的な資質・能力の育成を主要な目的とします。
A専門科目
個別の研究課題について,多様な専門的視点から総合的に検討し,その課題解決能力を修得することを目的とします。
B課題研究
博士論文への発展を期待する上で必要不可欠な演習として,学生の研究課題に即した知識・技能を修得し,研究能力を培うことを目的とします。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

連合学校教育学研究科(博士課程)は,所定の単位を修得し,必要な研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格して,教育実践学の研究を自立的,協働的に遂行する資質・能力を有することが認められた者に博士(学校教育学)の学位を授与します。

■学校教育学部(初等教育教員養成課程)
Faculty of School Education (Kindergarten and Elementary School Teacher-Training Program)

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

本学の学校教育学部は,人間教育の基礎とされる初等教育にたずさわる教員を養成することを目的とします。
本学の教育課程には,子どもの成長と発達についての総合的な理解と広い視野の上に,使命感,得意分野,個性を持ち,学校教育の課題に適切に対応できる教員を養成するための授業科目がおかれています。とりわけ実践的指導力を養うために実地教育科目(教育実習等)が多くおかれていることはその特色の一つです。
本学が望む学生は,次の要素を兼ね備えた人物です。

  • ◎高等学校における教科・科目を幅広く修得し,しっかりした基礎学力を身につけていること
  • ◎豊かな人間性を備え,コミュニケーション能力や協調性があること
  • ◎教員になろうとする強い意志を持ち,意欲的に本学の教育課程に取り組めること
【入学者選抜の基本方針】
学校教育学部のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)に基づき,教員になろうとする強い意志を持った者を受け入れるため,大学入試センター試験を課した推薦入試及び個別学力検査等(前期日程,後期日程)により入学者を選抜します。
推薦入試においては,出身学校長の推薦を受けた者を対象に,大学入試センター試験の成績とともに初等教育教員となるにふさわしい知識,適性,資質,意欲,態度を面接等ではかり,これらを総合して評価します。
個別学力検査等(前期日程,後期日程)においては,大学入試センター試験の成績とともに初等教育教員となるにふさわしい知識,適性,資質,意欲,態度を小論文,実技検査又は面接等ではかり,これらを総合して評価します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学の学校教育学部では,初等教育教員養成に重点をおき,「教員養成スタンダード」に基づいて,実践力と人間性に優れた学校教員を養成します。そのために,以下のような観点に基づき,教養科目,教科等に関する科目及び教職に関する科目を有機的に結びつけた体系的な教育課程を編成し,実施します。

  • ◎現代的な社会課題に対応できる資質を高める教養教育を位置づけること
  • 複雑かつ急激に変化する現代社会において求められる教員としての教養を培うことを目的とし,諸学問領域において蓄積されてきた知識を活かしながら,幅広い視野から問題の全体像とその本質を把握し,主体的かつ協働的に探究する【教養科目群】を設定します。
  • ◎教職キャリアの形成に必要な教育の充実を図ること
  • 「教職の意義に関するもの」,「教育の基礎理論に関するもの」,「教育課程及び指導法に関するもの」,「生徒指導,教育相談及び進路指導等に関するもの」等学校教育の理論と実践に係わる知識と経験を修得する【教職キャリア科目群】を設定します。
  • ◎教科等の指導に関わる実践的な内容を重視すること
  • 理論と実践の往還を通して教科等の指導を中心とした実践的力量を形成するために初等教科内容,初等教科指導法,実地教育等の科目からなる【教育実践・リフレクション科目群】を設定します。
  • ◎実地教育とその他の授業科目を関連付けること
  • 実践的な能力や他の教員等と連携・協働できる力を育成するために,附属学校園を活用するとともに公立校等の協力による多様な実地教育科目をカリキュラム全体の中で体系的に配置します。
  • ◎特定の専門分野について深い学びができること
  • 教員としての共通の基盤の上に,学生の資質,適性等に応じて,特定の専門分野についての指導能力を高める【専修専門科目群】を設定します。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学の学校教育学部では教員養成スタンダードに基づき,次のような資質や能力を備えた者に学士(学校教育学)の学位を授与します。

  • ◎教員としての教育活動全体の基盤となる基本的素養
  • ◎子ども理解に基づいて学級経営や生徒指導を適切に行うことのできる力
  • ◎教科等や保育の内容に関して的確に指導を行うことのできる力
  • ◎同僚や保護者と連携し,協働しようとする姿勢
  • ◎長期的視野に立って職能成長をめざす学び続ける力

▲Page Top