1. 兵庫教育大学TOP
  2. 男女共同参画
  3. 次世代育成支援対策推進法に基づく兵庫教育大学行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画について

次世代育成支援対策推進法に基づく兵庫教育大学行動計画

教職員が,仕事と子育てを両立しながら,その能力を十分に発揮できるような労働環境の整備を行うため,次のような行動計画を策定する。

計画期間

平成27年4月1日~平成32年3月31日(5年間)

内容

妊娠中の労働者及び子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立等を支援するための雇用環境の整備に関する事項

目標1

計画期間内に,育児休業等の取得状況を次の水準以上にする。

男性教職員 計画期間内に1人以上にする。
女性教職員 取得率90%以上にする。

対策

平成27年4月以降

  1. 男性も育児休業等が取得できることをホームページ等で周知する。
  2. 行動計画をホームページに公表し,全教職員にはホームページの他,メールにより周知を図る。

目標2

育児支援のための制度の周知を行い,効果的運用を図る。

対策

平成27年4月以降

  1. 育児支援のための制度を包括的に周知することにより,効果的運用を図る。

働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備に関する事項

目標1

時間外労働を削減するため設定した「ノー残業デー」の推進を図る。

対策

平成27年4月以降

  1. 1週間に1回実施している「ノー残業デー」の推進を図り,時間外労働をしない意識改革のための取り組みを行う。
  2. 時間外労働を少なくするため,事務の簡素化,合理化を実行する。

目標2

平成32年3月までに,年次有給休暇の取得日数を,一人あたり平均12日以上とする。

対策

平成27年4月以降

  1. 子どもの長期休業や家族の記念日等における年次有給休暇の計画的取得や取得しやすい環境づくりに努め,取得の促進を図る。
  2. ゴールデンウィーク,年末年始の休日,夏季休暇,ハッピーマンデー休日等の前後の休暇取得などによる連続休暇取得の促進を図る。

上記以外の次世代育成支援対策に関する事項

目標1

教育大学の特色を活かし,地域と連携した子育て支援事業等のあり方について検討する。

対策

平成27年4月以降

  1. 教職員も利用できるアフタースクール制度等の改善を図る。
  2. 子育て支援ルームを拠点として,附属幼稚園と連携をし,子育て支援事業を充実させる。

お問い合わせ

兵庫教育大学 男女共同参画推進室

TEL:0795-44-2013   FAX:0795-44-2009

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP