1. 兵庫教育大学TOP
  2. 留学・国際交流
  3. お知らせ
  4. 台湾・屏東大学でのDHPプログラムへ学部生が参加しました

学生支援課 国際交流チームからのお知らせ

2017年8月31日掲載

台湾・屏東大学でのDHPプログラムへ学部生が参加しました

8月21日(月)から25日(金)の5日間にわたり,台湾・屏東大学において実施された第5回DHPプログラムへ学部生10名が参加しました。本プログラムは,韓国の大邱教育大学校(Daegu)・兵庫教育大学(Hyogo)・台湾の屏東大学(Pingtung)が輪番で平成24年度から開催しており,本プログラム期間中に使用する言語は英語のみとし,3大学の参加学生が学生交流や国際シンポジウムを通し,教育をテーマとしたプレゼンテーション,3大学混合のグループワークにおける直接的なコミュニケーションや異文化体験を行うことで,国際感覚を養い,教育研究の国際的通用性を高めることを目的としています。
今回は台湾・屏東大学を当番校として,“Multicultural Education” をメインテーマに,韓国から16名,日本から10名,台湾から10名の合計36名の学部生が参加して実施されました。
プログラムのメインでは,本学学生が日本の教育大学の特色を活かした“Current cross-cultural activities and efforts in Japan”,“Differences between learning English in Japan and other countries”,“Support and Guidance in multicultural education”,“School systems in foreign countries”,“Adventure education” のタイトルで5組がプレゼンテーションを行い,好評を得ることができました。
また,屏東エバーグリーンリリー小学校訪問及び屏東市内での文化研修プログラムが行われ,様々な文化を韓国・台湾の学生らと学ぶと共に,英語を介して相互の親睦を深めました。
参加した学生からは,「今回のDHPプログラムを通し,3大学の学生が集まる国際的な場で,プレゼンテーションが出来たことは,大変有意義な経験となったことはもちろんのこと,学生間の活発な交流を通じて,他国の学生の興味・関心・姿勢などを肌で感じる機会となったことは,今後の自分自身の国際的視野を広げる最も貴重な体験となりました」との感想がよせられました。
3大学の国際交流に携わる教職員の連携のもと,本学から学生がDHPプログラムに参加し,3大学間の協力体制について更なる強化が図られたことで,本学のグローバル化の推進に繋がることが益々期待されます。
DHP2017_1.jpg本学学生のプレゼンテーション DHP2017_2.jpg本学学生のプレゼンテーション
DHP2017_3.jpg修了証書授与式 DHP2017_4.jpgプレゼンテーション後の記念撮影
DHP2017_5.jpgDHPプログラム関係者一同での記念撮影

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  • English
  • 本学で学びたい方へ
  • 本学で学びたい現職教員の方へ
  • 在学生の方へ
  • 自治体・企業の方へ(連携・協働)
  • 修了生・卒業生の方へ
  • 入試情報
  • 大学紹介
  • 各コース紹介
  • キャンパスライフ
  • 国際交流
PAGETOP