兵庫教育大学生徒指導実践開発コース

教員からのメッセージ

生徒指導分野

池島 德大(いけじまとくひろ)特任教授

池島 德大(いけじま とくひろ)特任教授

 15年余勤務した奈良教育大学を定年退職し、かつて第2期生として在籍した兵庫教育大学大学院で、再びお世話になることになりました。
 主な研究領域は、いじめ・不登校に関する学校教育臨床、生徒指導、特別活動です。具体的には、ピア・サポート(仲間による支援)、ピア・メディエーション(仲間による調停)、リストラティブ・ジャスティス(修復的正義)等に関する理論研究と学校教育への導入を検討しています。
 私は、学校教育を支えるのは、シンプルですが、子どもたちが安心して自分のことを表現できる、思い−思いやられる関係をつくることだと考えています。その視点に立てば、「なすことによって学ぶ」特別活動と、道徳をはじめとする心の教育等との連動をさらに図っていかなければなりません。
 明治時代の文豪、島崎藤村は、「人の世に三智あり」と、人間の成長にとって必要な智について述べています。その三智とは、「自ら学んで得る智」、「人と交わって得る智」、「体験を通して得る智」のことですが、学校教育の道しるべとなるヒントを示していると思います。
 授業やゼミにおいては、母校への感謝を胸に、院生のみなさんと熱く語り合いたいと思っています。熱き心は、昔も今も変わりません。良質な人間関係を生み出す教育指導プログラムを、多様な理論と実践の視点から創出していきたいと考えています。

→研究者総覧

Copyright ©Hyogo University of Teacher Education. All Rights Reserved.