兵庫教育大学生徒指導実践開発コース

学生からのメッセージ

道徳教育分野

萩野奈幹(はぎのなみき) 平成26年入学(小学校教員)

萩野奈幹(はぎのなみき)

 私は、道徳教育についてゼミでの学びを深めています。今は、現場の先生方の関心をもたれていることの一つである「特別の教科 道徳」について研究を進めています。研究を通して、あらためて「道徳教育とは何か」について自分の実践を見つめ直し、リフレクションをしています。

 研究にどっぷり浸れる(溺れる?)ほどゼミが好きなのは、ゼミ担当の先生が哲学的(?)お話を交えて下さること、また学説について、先生と忌憚なく意見を交わし合えるひと時がもてることが理由かもしれません。そこが複雑で、奥深いからこそ、学びごたえがあり、 むしろそういう奥深さに魅かれ、学びがいを感じています。思考の迷路に入ってしまうこともありますが、自ら物事を探究していく姿勢を身につけ、専門分野を学ぶ楽しさを実感しています。

 道徳は難しくて固いイメージがあるかもしれませんが、「よりよく生きる」ことへの追求だと思っています。「楽しい道徳研究」を追求し、その楽しさを、教育実践の場でも生きる学問として架橋することに努めたいと思っています。

Copyright ©Hyogo University of Teacher Education. All Rights Reserved.