教材文化資料館について

教材文化資料館は、本学創立30周年記念事業の一環として、日本における教育実践学の研究教育拠点となることを目指し、授業実践の改善に資する教材文化資料を収集・開発・発信する場として設立され、平成21年10月1日に開館しました(附属図書館に併設)。

収蔵品は、本学が収集してきた教科書や指導資料、教材などのほか、本学元教員や地域の方々から寄贈された歴史的に価値の高いもの、また全国の学校現場から収集した現在の授業実践に関する資料などです。これらの資料をもとに2つの事業を柱として展開しています。

展示

本学が収集した歴史的に価値の高い教材文化資料や教育実践に関わる教材・教具などを展示したり、資料を活用した教育研究成果や地域や学校現場との共同研究の成果などの展示を行います。

発信

学校現場の実践記録は、貴重ですが散逸しがちです。それを永続的にアーカイブ化するとともに、優れた実践例を基に現場と共同で現場教員の役に立つ教材を開発し、インターネットを介して発信していきます。

発信

館内には、展示室のほか、収蔵資料を素材として教材作成や授業等が行える教材資料研究室を備えており、学内だけでなく地域の生涯教育の場としても利用できます。

兵庫教育大学 教材文化資料館

〒673-1494
兵庫県加東市下久米 942-1

TEL:0795-44-2362

FAX:0795-44-2364