B社会活動など

【学外の委員会等の活動(現在,最近)】
文部科学省小学校保健教育参考資料「「生きる力」を育む小学校保健教育の手引き」作成協力
同高校生用薬物乱用防止啓発DVD「未来があるから!〜薬物に”NO”という生き方を〜」作成協力
同安全教育教材DVD「安全に通学しよう〜自分で身を守る,みんなで守る〜」作成協力
(公財)日本学校保健会「学校保健に関する効果的な広報活動の在り方調査研究委員会」委員長
(独)教員研修センター「学校安全指導者養成研修」講師 など

  【学会活動】
  日本学校保健学会理事
  日本健康教育学会評議員
  日本安全教育学会常任理事・編集委員長
  日本セーフティプロモーション学会理事など

C修士論文題目

修士論文のテーマは,ライフスキル(意思決定スキル,コミュニケーションスキルなどの課題対処に関わる能力を育成する教育),それらの教員研修に関わるものが中心で,最近のものは次の通りです。
・学校で行う生活習慣指導の推進の方策-養護教諭の職務の特性を活かした展開-
・学校管理下における事故防止のための事例の活用-養護教諭対象の実態調査より-
・中学生の自己管理スキルと健康行動の関連に関する研究
・児童の喫煙,飲酒,セルフエスティームに関わる自己評価の縦断的変化
・中学校保健体育科教員の保健学習に対する意識−インタビューおよび質問紙調査による研究−
・小学校における意志決定スキル,目標設定スキル育成のための指導内容に関する研究
 −意志決定,目標設定の場面や状況に関する質問紙調査−

D主な研究業績

●「安全教育」,(公財)日本学校保健会,『学校保健の動向 平成24年度版』,2012
●「社会性の育成及び危険行動防止のためのライフスキル教育」,松村京子編,
 『学校における情動・社会性の学習』,(財)日本学校保健会,2012
●「小学生および保護者の手洗いに関する意識と実施状況および相互の関連」(共著),
 学校保健研究54(3),2012
●「小学校高学年の給食関連行動に関する意思決定バランス尺度の開発」(共著),
 日本健康教育学会誌19(2), 2011
●「いじめの影響とレジリエンシー,ソーシャル・サポート,ライフスキルとの関係
 −新潟市内の中学校8校における質問紙調査の結果より−」(共著),学校保健研究53(2),2012
●「喫煙,飲酒,薬物乱用防止教育」,(公財)日本学校保健会,
 『学校保健の動向 平成23年度版』,2011
●「現代的な健康課題 −喫煙,飲酒,薬物乱用防止教育,性行動,生活習慣,
 情報リテラシー−」,衞藤隆ほか編,『学校保健マニュアル改訂8版』,南山堂, 2010
●「ライフスキル教育:危険行動を避け,よりよい人間関係を育むためのスキルを学ぶ」
 (単著),児童心理,64(15), 2010
●「児童・生徒の傷害防止のための包括的な安全対策とセーフティプロモーション」(単著),
 日本健康教育学会誌,18(3), 2010
●小学校,中学校,高等学校「保健」教科書,(2000〜現在)
 

教員紹介 一覧のページへ戻る

@氏名 西岡伸紀
→お問い合わせはこちら←

A修士論文の指導について

 ゼミは鬼頭先生のゼミと合同で行い,関連文献や,研究計画の立案,データの収集・分析・考察などについて報告してもらったり, それについて意見交換したりします。時期によっては,コースの中間発表や学会発表のための抄録の検討,発表練習なども行います。 コーヒーを飲みながら,肩肘張らず・・・を目指しています。
児童生徒の健康や安全に関わって,自尊感情の育成,意志決定・コミュニケーションなどの能力の育成に関心のある方, 健康や安全の課題を多面的に考えたい方などを歓迎します。
教員紹介 一覧のページへ戻る