B社会活動など

2005年9月奈良県介護予防支援作業部会委員(2007年3月まで)
2007年3月葛城保健所管内地域職域連携推進協議会委員(2011年3月まで)
2007年9月国保保険事業(予防対策事業)ワーキング会議委員(2008年3月まで)
2008年4月健康なら21計画評価会議委員(2010年3月まで)
2012年4月奈良県健康増進計画策定ワーキング会議委員(2012年12月まで)
2014年7月橿原市介護保険事業計画等策定委員会委員(2015年3月まで)
2014年7月橿原市健康づくり推進協議会委員(現在に至る)
2014年9月橿原市介護保険運営協議会委員(現在に至る)

 【学会活動】
日本公衆衛生学会認定専門家
日本衛生学会(2017年4月〜評議員)
日本疫学会(2012年1月〜2015年1月まで評議員)
日本産業衛生学会
日本口腔衛生学会
日本口腔外科学会


C修士論文題目


 修士論文のテーマは、健康づくりという広い括りで考えています。調査対象年齢は学童期から高齢者まで、 研究デザインはアンケート調査、検査・測定、調査票の開発なども含みます。今春の兵庫教育大学着任 後の題目は次の通りです。

・学童期の成長と口腔保健
・障害をもつ児童・生徒の健康づくりに関する支援方法について
・若者の不適切な生活習慣と味覚障害との関連

前任校で関わりました修士論文および博士論文の題目は次の通りです。
・独歩可能な地域在住高齢者の日常生活活動の関連要因:大規模コホート研究(藤原京スタディ)ベースライン健診結果
・Health-related Quality of life (HRQOL) Decreases Independently of Chronic Conditions andGeriatric Syndromes in Older Adults With Diabetes: The Fujiwara-kyo Study.
・Bodily pain,social support, depression symptoms and stroke history are independently associated with sleep disturbance among the elderly:a cross-sectional analysis of the Fujiwara-kyo study.


D主な研究業績


【著書・和文】

1.天野信子、石塚理香、上田照子、岡本希、笠次良爾、岸本裕子、車谷典男、佐伯圭吾、瀬尾明彦、垰田和史、夏目誠、三笠桂一、森田徳子. 第7章健康的生活習慣をつくる.車谷典男(編).介護する人たちの健康を守るQ&A.ミネルヴァ書房.p 178-185, p 208-209 (2005年)

2.伊木雅之、大林賢史、岡本希、甲田勝康、斎藤功、佐伯圭吾、城島哲子、玉置淳子、冨岡公子、根津智子、盛岡郁晴、文鐘馨. 第4章「疫学調査法」、第12章「統計学の基礎」.車谷典男・松本泉美(編). 看護学生のための疫学・保健統計.建帛社.p 50-64,p 170-176(2016年)

【論文・英文・筆頭】

1.Okamoto N, Morikawa M, Amano N, Yanagi M, Takasawa S, Kurumatani N. Effects of Tooth Loss and the Apolipoprotein E ε4 allele on Mild Memory Impairment in the Fujiwara-kyo Study of Japan: A Nested Case-Control study. J Alzheimers Dis. 2017;55(2):569-574. doi: 10.3233/JAD-160638.

2.Okamoto N, Morikawa M, Yanagi M, Amano N, Tomioka K, Hazaki K, Harano A, Kurumatani N. Association of tooth loss with development of swallowing problems in community-dwelling independent elderly: The Fujiwara-kyo study. The Journals of Gerontology Series A: Medical Science. 2015;70:1548-54. doi: 10.1093/gerona/glv116.

3.Okamoto N, Morikawa M, Tomioka K, Yanagi M, Amano N, Kurumatanai N. Association between tooth loss and the development of mild memory impairment in the elderly: the Fujiwara-kyo study. J Alzheimers Dis 2015;44:777-786. doi: 10.3233/JAD-141665.

4.Okamoto N, Hisashige A, Tanaka Y, Kurumatani N. Development of the Japanese 15D instrument of health-related quality of life: verification of reliability and validity among elderly people. PLoS One. 2013 ;16;8(4):e61721. doi: 10.1371/journal.pone.0061721.

5.Okamoto N, Tomioka K, Saeki K, Iwamoto J, Morikawa M, Harano A, Kurumatani N. Relationship between swallowing problems and tooth loss in community-dwelling independent elderly adults: the Fujiwara-kyo study. J Am Geriatr Soc. 2012;60(5):849-53. doi: 10.1111/j.1532-5415.2012.03935.x.

6.Okamoto N, Morikawa M, Okamoto K, Habu N, Iwamoto J, Tomioka K, Saeki K, Yanagi M, Amano N, Kurumatani N. Relationship of tooth loss to mild memory impairment and cognitive impairment: findings from the Fujiwara-kyo study.Behav Brain Funct. 2010;6:77. doi: 10.1186/1744-9081-6-77. 

7.Okamoto N, Morikawa M, Okamoto K, Habu N, Hazaki K, Harano A, Iwamoto J, Tomioka K, Saeki K, Kurumatani N. Tooth loss is associated with mild memory impairment in the elderly: the Fujiwara-kyo study. Brain Res. 2010;1349:68-75. doi: 10.1016/j.brainres.2010.06.054.

8.Okamoto N, Nakatani T, Okamoto Y, Iwamoto J, Saeki K, Kurumatani N. Increasing the number of steps walked each day improves physical fitness in Japanese community-dwelling adults. Int J Sports Med. 2010;31:277-282. doi:http://dx.doi.org/10.1055/s-0029-1234057.

9.Okamoto N, Nakatani T, Morita N, Saeki K, Kurumatani N. Home-based walking improves cardiopulmonary function and health-related QOL in community-dwelling adults. Int J Sports Med. 2007;28:1040-1045.doi:10.1055/s-2007-965073.

10.Okamoto N, Morita N, Saeki K, Matsuda R, Kurumatani N. Differences in higher-level functional capacity between participants and non-participants in health checkups among the elderly. Arch Gerontol Geriatr. 2006;42:175-89.

【論文・和文・筆頭】

1.岡本希, 森川将行, 小松雅代, 車谷典男. 自立高齢者における歯の喪失と嚥下障害・血清アルブミン・全死亡との関連:藤原京スタディ. 未病と抗老化. 2016年6月2日受理.

2.岡本希, 中谷 敏昭, 松崎 三十鈴, 菊川 早苗, 岡野 雅洋子, 永原 理英, 車谷 典男. 運動継続の支援方法としての携帯電話の利用可能性.公衆衛生 77(1):79-83. 2013.

3.岡本希, 森田 徳子, 佐伯 圭吾, 車谷 典男. 口腔衛生習慣と生活機能との関連 奈良県御杖村全数調査. 奈良医学雑誌 59 (1-2): 53-60. 2008.

【学会賞】

2010年10月 日本公衆衛生学会奨励賞
2012年3月 第82回日本衛生学会学術総会最優秀演題賞
2014年12月 公益信託武見記念生存科学研究基金 武見奨励賞
2016年5月 一般財団法人博慈会 老人病研究所 優秀論文「ダ・ビンチ賞」
2016年9月 日本歯科医学会 第32回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い」優秀発表賞

教員紹介 一覧のページへ戻る

@氏名 岡本 希
→お問い合わせはこちら←

A修士論文の指導について

 1年目は、文献の精読や疫学・統計学の学習を通して、研究計画を立てていきます。 2年目は、データ収集力、データ解析力の習得を目指します。ゼミでは、質問や面白い意見が出せるような雰囲気づくりを心がけます。
教員紹介 一覧のページへ戻る