CSTマスター講演会

2月9日(水)にCSTマスターの授与式と講演会が開催されました。

CST(コア・サイエンス・ティーチャー)とは、地域の初等・中等教育の場で、指導的な役割を担うことができる理科教員のことです。兵庫教育大学で は、平成21年度からJST(科学技術振興機構)からの受託事業として、CST養成拠点構築事業を2年間試行した後、現在は兵庫教育大学独自の CSTプログラムとして開講しています。

CSTマスターの称号は、地域の理科と科学教育において、指導的な立場で積極的な活動を行っている修了生に対して、CST運営室から授与しています。今年度は 西村 秀洋氏に授与されました。

講演会に先立ちCSTマスターの授与式が行われました。

引き続きCSTマスター講演会が行われました。

演題:生命科学技術教育15年間の取り組み
-高校生にシーケンサーや電子顕微鏡は使えるのか- 

講師:西村秀洋氏(大阪府立園芸高等学校 首席)

<生物分野 平成12年度終了>

日時:平成29年2月8日(水)16:30-18:00
(16:30ー16:35 CSTマスター授与式)
場所:自然,生活・健康棟116号室

園芸高校での研究活動やSSHの取り組みなど、高校生を巻き込むような勢いを感じる、興味深いご講演でした。CSTプログラムの履修生にもよい刺激となったことでしょう。

 

未分類, 理科教室 コメントは受け付けていません。

渥美茂明先生最終講義

今年度ご定年退職される渥美茂明先生の最終講義が2月23日に行われました。講演題目は「植物学研究と教育研究の狭間の30年」で、開学初期のころからのご研究の変遷や科学的とは?についてを熱く話されました。修了生や卒業生、大学院生、学部学生、教員など多くの方々の心に先生の思いが深く刻まれた最終講義でした。

渥美先生、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

講義後、今年度の修了生から花束が贈られました。

また、その後、渥美先生を囲んで茶話会が開かれました。なごやかな雰囲気の中での楽しい時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

生物研究室 コメントは受け付けていません。

理科&科学のサイエンス祭

小野市と兵庫教育大学との地域事業「理科&科学のサイエンス祭」が、7月28日~31日の4日間(13時から16時)、小野市うるおい交流館エクラにて開催されました。

この事業は2010年から続いており、理科所属の教員、院生、学部生が主体となって、子どもたちが体験できる様々な科学実験・観察などを企画しています。

円形の会場には、「体験」・「実験」・「観察」・「ものづくり」の4つのコーナーがあり、延べ1200人程が集まりました。新たな出展(葉脈標本づくりやマジックサンドなど)もあり、盛況のうちに終了しました。

 

 

理科教室 コメントは受け付けていません。

新年度を迎えて/新入生オリエンテーション

今年も新しい年度が始まりました.兵庫教育大学では,修士課程の教育組織に改編があり,これまでの自然系分野は,新しく「理数系教育コース」として,数学・理科の教育に,より焦点化したコースとなります.

新しくスタートした「理数系教育コース」に,修士課程の新入生として16名の新入生を迎えることができました.(数学分野7名(うち夜間1名),理科分野9名).早速,4月8日にはコース別のオリエンテーションが始まりました.

午前中は,コース全体のオリエンテーション.新入生と教員の初顔合わせで,それぞれが自己紹介です.みなさん,緊張した面持ちでしたが,次第にうちとけ,笑いが入り混じっていきます.

午後は,数学と理科に分かれて,ゼミ室の紹介やこれまでに扱ってきた研究テーマの紹介など,研究やゼミ配属にに関わるオリエンテーションが行われ,夕刻には歓迎会が行われました.

自然系分野全体 コメントは受け付けていません。

CST認定証授与式

3月23日に第三期兵庫教育大学コア・サイエンス・ティーチャー(CST)認定証の授与式が、学位記伝達式の後に行われ、自然系分野長から一人一人にCST認定証を手渡しました。

第4期兵庫教育大学CSTに認定されたのは、以下のみなさまです。おめでとうございます。

伊藤 克己さん
近藤 唯史さん
西面 尚史さん
内藤 美之さん
松村 潤さん
亀山 玲さん
西川 勇輝さん
黄 心さん
藤原 頌さん
東川 和貴さん
福本 裕紀さん

今後、CSTプログラムで学んだことを活かし、地域の理科と科学教育において指導的な立場で積極的な活動を積み重ね、CSTマスターに選出されることを期待しています。

 

 

理科教室 コメントは受け付けていません。

平成27年度学位授与式・伝達式

平成27年度ももうすぐ終了です.今日は,学位授与式の日でした.
(夜間の学位授与式は,今日の夕刻,別途ハーバーランドキャンパスで行われます)

今年度の大学院・自然系分野では,昼間・夜間を合わせて,23名(数学9名・理科14名)の院生が修士の学位を取得し,修了いたします.修了生のみなさん,おめでとうございました.

今年度も,学位授与式の後,自然生活健康棟の520室にて,自然系分野としての「伝達式」を行い,分野長の竹村厚司先生から一人ずつに学位記を手渡し,参加した教員からお祝いの言葉を送りました.

修了された皆さんが,今後,本学での学びを胸に,学校現場等で活躍されることを期待しています.

自然系分野全体 コメントは受け付けていません。

CSTマスター授与式および講演会

先週の1月29日(金)にCSTマスターの授与式と講演会が開催されました。

CST(コア・サイエンス・ティーチャー)とは、地域の初等・中等教育の場で、指導的な役割を担うことができる理科教員のことです。兵庫教育大学で は、平 成21年度から2年間にわたりJST(科学技術振興機構)からの受託事業として、CST養成拠点構築事業を試行しました。現在は、兵庫教育大学独自の CSTプログラムとして開講しています。

そしてCSTマスターの称号は、地域の理科と科学教育において、指導的な立場で積極的な活動を行っている修了生に対して、CST運営室から授与しています。今年度は  繁戸 克彦氏に授与されました。

講演会に先立ちCSTマスターの授与式が行われました。

CSTマスター授与式

引き続き講演会が開催されました。

演題:  今、理科教師としてできること―実験観察会や研究発表会、生徒に科学する機会を作りたい-

講師: 繁戸 克彦氏(兵庫県立神戸高等学校)
<生物分野 平成 12年度修了>
日時: 平成28年1月29日(金) 14:50-16:20
(*14:45-14:50 CSTマスター授与式)
場所:自然生活健康棟 116号室 

講演
生徒の作った模型
CSTマスター授与者のこれまでの活動を紹介します。
1.兵庫「咲いテク(Science&Technorogy,Sci-Tech)」事業推進委員会事務局長
2.「サイエンスフェアin 兵庫」を企画運営。
3.咲いテク事業による高校・大学・企業・研究機関などの交流を通して科学技術系人材育成の兵庫モデルの構築を目標に活動 。
4.身近な生き物の系統を遺伝子を調べる分子生物学的手法を高校生が体験するとともに、自然環境の変化や生物多様性について考える機会を創出。
5.遺伝子を理解する分子生物学実験の開発、実施と普及活動
6.分子生物学形質転換実験や電気泳動実験などの実験会の実施と県下の高等学校に実験教材と環境(実験器具、材料等の貸与)供給により実験の普及活動。
7.「環境教育」高等学校用副読本(兵庫県教育委員会)の編集委員、「ことばの力」高等学校用副読本(兵庫県教 育委員会)の編集委員や公開授業、兵庫県立教育研修所での講演など。
8.サテライトサイエンス 小学生・中学生対象の科学実験講座、科学への興味関心の育成を目的として年2-3回程度実施
9.第92回 日本生物教育学会全国大会(兵庫大会)でのシンポジウムのパネラー
授与者記念撮影
CSTプログラム受講生の中からも後に続く人が育つことを願っています。
理科教室 コメントは受け付けていません。

CST講演会

今年度第1回目のCST講演会が開催されました。

日時:平成27年11月26日

演題:「電気分野における回路カードの活 用とその実践」

講師:森本雄一氏(かがく教育研究所 代表、H20に本学大学院を修了)

みのむしクリップを使う場合と使わない回 路カードの実験の対比による講座が行なわれました。

モーターを使った回路カードの新たな使い方も示されました。

 

理科教室 コメントは受け付けていません。

全国数学教育学会 第42回研究発表会

先週末の6月13日、14日、鹿児島大学教育学部で行われた全国数学教育学会第42回研究発表会へ、本学の修士課程自然系分野の院生9名と教員5名が参加しました。

また、院生の2名がそれぞれ研究発表を行いました。

  • 有吉克哲 「算数科授業における子どものrevoicingに関する研究―第5学年「□と△を使った式」における理解の様相に着目して―」
  • 沼田真依 「内容としての数学的活動に関する一考察」

それぞれ質疑応答の時間のなかでコメントや指摘を頂いて大きな刺激をもらったようです。

また、今回は教員の濵中も研究発表を行いました。

  • 濵中裕明 「証明を組み入れた高校での数学的活動について―証明の機能の視点から―」

先輩の発表を聞いてM1の参加者も、いずれは自分も発表するのかと身が引き締まったことと思います。

数学教室 コメントは受け付けていません。

吉川先生が着任されました

平成27年度4月から数学担当の教員として、吉川昌慶先生が自然系分野の数学教室に着任されました。

吉川先生の専門分野は「代数的組み合わせ論」です。

以下、吉川先生からのメッセージです。

代数的組合せ論が専門です。代数的組合せ論では、
通信で利用される符号理論など身近な応用例も多くあります。
長野県で教員を9年務めてきたので、現職の先生方とも
いろいろ話ができればと思っています。
よろしくお願いします。

今後の吉川先生のご活躍にご期待ください。

数学教室 コメントは受け付けていません。