Archive for the Category: 未分類

CSTマスター講演会

2月9日(水)にCSTマスターの授与式と講演会が開催されました。 CST(コア・サイエンス・ティーチャー)とは、地域の初等・中等教育の場で、指導的な役割を担うことができる理科教員のことです。兵庫教育大学で は、平成21年度からJST(科学技術振興機構)からの受託事業として、CST養成拠点構築事業を2年間試行した後、現在は兵庫教育大学独自の CSTプログラムとして開講しています。 CSTマスターの称号は、地域の理科と科学教育において、指導的な立場で積極的な活動を行っている修了生に対して、CST運営室から授与しています。今年度は 西村 秀洋氏に授与されました。 講演会に先立ちCSTマスターの授与式が行われました。 引き続きCSTマスター講演会が行われました。 演題:生命科学技術教育15年間の取り組み -高校生にシーケンサーや電子顕微鏡は使えるのか-  講師:西村秀洋氏(大阪府立園芸高等学校 首席) <生物分野 平成12年度終了> 日時:平成29年2月8日(水)16:30-18:00 (16:30ー16:35 CSTマスター授与式) 場所:自然,生活・健康棟116号室 園芸高校での研究活動やSSHの取り組みなど、高校生を巻き込むような勢いを感じる、興味深いご講演でした。CSTプログラムの履修生にもよい刺激となったことでしょう。  

Also posted in 理科教室 コメントは受け付けていません。

オープンキャンパス

7月21日(日)に、オープンキャンパスが開催されました。自然系理科は、化学と生物が担当で、「ガラス作りと七宝焼の実演」と「ニワトリ胚の発生を顕微鏡で観察しよう!」・「納豆菌からDNAを抽出しよう!」のイベントを開催しました。 七宝焼きには、36名の参加があり、小学生からお年寄りまで、思い思いの絵柄を描いて七宝焼を作ってもらいました。  

コメントは受け付けていません。

自然系理科ビアパーティー

去る7/12(金)に、自然系分野・理科恒例のビアパーティーが開催されました。 この催しは、20年以上前から続いており、教員・院生・学部生の親睦を深める目的で行っています。 今年は、ビアガーデン風にソーセージ類、ステーキやスペアリブなど、例年と少しメニューの趣向を変えて行いましたが、参加者数35名と大盛況で、用意した生ビールもすべて飲み尽くしました。

コメントは受け付けていません。

ファラデーラボに行ってきました!!

『ファラデーラボ 夏の学び舎』が、8月17日(水)から8月19日(金)まで 加古川市のかがく教育研究所(ファラデーラボ)で開催されました。 ファラデーラボは、2011年3月12日に設立された、かがく教育に興味を持つ人の ための「自然とかがくの学び舎」です。かがく教育研究所が運営し、理科を教える教員や 科学教育に興味を持つ人が、観察・実験をすることができる施設です。 庭瀬研のOBである森本雄一先生が、なんと、自費を投じ、一軒家を買取り、 改築した施設だというので驚きです!! 里山の自然に囲まれた静かな場所にあり、20人が観察・実験できるラボがあります。 写真の通り床や椅子・テーブルは木を使い、無機的な実験室ではなく、 リラックスして肩の力を抜いて自然に向き合える雰囲気です。 『ファラデーラボ 夏の学び舎』の3日間の延べ参加者は42名、実参加者数は22名で、 大学院生、現役小中高教員、退職教員まで、広い年齢層の方々と交流することが できました。内容は、七色のミョウバン結晶作り(化学)、天体観望(天文)、 授業に使える電気工作と実験(物理)、播磨平野の地形と地質を読み解く岩石実物図鑑の作成(地学)でした。 各分野ごとに担当される先生に実験のやり方や実践法を教えて頂き、随所で理科教育に 関してとても熱い論議が交わされました。 夏の学び舎以外にもイベントがたくさんあるようなので、みなさん一度ファラ デーラボに足を運ばれてはいかがでしょうか? ファラデーラボ かがく教育研究所のブログ http://foryouso.cocolog-nifty.com/blog/  

コメントは受け付けていません。

公式ブログはじめました!

兵庫教育大学 認識形成系教育コース 自然系教育分野の公式ブログをはじめました。 すこしずつ当分野での出来事、行事の内容など、ここで情報発信していきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

コメントは受け付けていません。