Monthly Archives: 6月 2011

ホタル観賞

5月末から6月にかけて、大学周辺はホタルの季節になります。少し足を運ぶと、たくさんのホタルが飛び交う様を鑑賞することが出来ます。 この写真は、近隣住民の皆さんが保護に務めておられる川で撮影したものです。真っ暗な川辺の木々や草に止まったホタルが、リズムを取るかのように同期して明滅する様子を見ていると、心が癒される感じがします。 ホタルの数は日によって変わりますが、良く晴れて暑く、湿度の高い夕刻、8時から9時ころに最も多く飛ぶようです。今年はそろそろシーズン終了ですが、また来年も美しい景色を見せてくれることでしょう。

自然系分野全体 コメントは受け付けていません。

全国数学教育学会での発表

先週末の6月25、26日には、全国数学教育学会 第34回研究発表会が広島大学にて行われ、数学教室の院生6名がそれぞれに発表を行いました。ストレート院生が発表するときもあるのですが、今回は6名とも現職の院生さんたちです。 植田悦司 : 「解釈する力」を育成する算数科の授業づくり-「解釈する力」のとらえ方に着目して- 上月幸代 : 小学校における「空間的思考力」に関する研究-実験授業と児童の実態について- 寳多孝治 : 新しい学習内容と既習内容との関連を意識できる子どもの育成-Big Ideaの系統図を生かした振り返り学習を通して- 南條真由子 : 算数教育における説明の根拠に関する一考察-中学校数学とのつながりに視点をあてて- 福井武彦 : 中学数学における教育的アナロジーを用いた指導の研究~アナロジーを利用する指導法の有効性に関する実験授業~ 森 泰樹 : かく活動を活かして関係づける力を育成する算数科の授業づくり(2) 発表は好評のうちに終わりました。みなさん、発表お疲れさまでした。 (発表の後、学会会長の岩崎先生、理事の金本先生と記念撮影)

数学教室 コメントは受け付けていません。

理数プロの就職状況

遅くなりましたが,大学院の「理数系教員養成特別プログラム(理数プロ)」の1期生の就職状況をお知らせします. 今年の3月に大学院を修了した理数プロの院生は,全部で5名でした.この内,数学の2名は大阪府の中学校と兵庫県の私立高校に,また,理科の3名は兵庫県の高校,滋賀県の高校,兵庫県の中学校にそれぞれ合格しました.そして,4月より全員が正式な教諭として活躍しています. このように理数プロは,第1期の修了生の全員が現役で就職するという好スタートを切ることができました.あとに続く人たちも1期生に負けないように頑張ってほしいと思います.

自然系分野全体 コメントは受け付けていません。

附属中学校実習

理科教室に所属する学生のうち、理数系教員養成プログラムを履修する大学院生3名が、附属中学校にて3週間の実習を行いました。 実習の締めくくりとして各自が研究授業を行いましたが、電子黒板システムを活用するなど随所に工夫がなされていました。 また理科室での植物の根の観察では、生徒たちが非常に積極的に授業に取り組んでいました。 附属中学校における実習は、かれらが今後教壇に立つ上で、他に代え難い貴重な経験になりました。

理科教室 コメントは受け付けていません。

海岸実習(6/4)

6月4日(土)明石市松江海岸にて、生物科学特別実験の集中講義(野外実習)を行いました。 当日は、天気にも恵まれ、有意義な実習を行うことができました。 いろんな貝類、海藻類を採取しました。 分類も楽しそうです。採取した貝類、海藻類の一部を標本にしました。 あっという間の1日でした。

生物研究室 コメントは受け付けていません。

海岸実習の予告(6/4 生物研究室)

6月4日(土)、明石市松江海岸で海浜動植物の観察・採集実習を行います。 松江海岸にて、11時〜14時頃に実習を行う予定です。 修了生、卒業生の方も、ぜひご参加下さい。 お問い合わせは渥美研究室まで。

生物研究室 コメントは受け付けていません。

生物研究室歓迎会(4/28)

4月28日(木)に生物研究室の歓迎会を行いました。 お昼休みに採った山菜も天ぷらにしていただきました。おいしかったです。 生物研究室では、四季を通して自然とふれあって楽しんでいく予定です。        

生物研究室 コメントは受け付けていません。