Monthly Archives: 9月 2011

教員採用試験結果速報(理数プログラム/数学)

来年度の採用に向けた、今年の夏の教員採用試験の結果が届き始めました。 まずは、連絡が早かった理数系教員養成特別プログラム(数学)の学生について、結果を報告します。 今年、教員採用試験を受ける理数プログラム(数学)の学生は2名なのですが、、、 なんと、2名とも教員採用試験に合格との知らせ!おめでとう! 複数の府県の教員採用試験を受けているので、すべての結果が出たわけではないのですが、とりあえず1つは合格したとのことでした。 そのほか、学部や大学院生からも、教員採用試験の合格の知らせがすこしずつ増えています。みんな、よく頑張ったね。

自然系分野全体 コメントは受け付けていません。

地学の野外実習

地学教室恒例の夏季の野外実習(正式には集中講義:学部「地質学野外研究」,大学院「地質調査法」)が,南あわじ市(淡路島南部)を主なフィールドとして,8月29日から9月1日の3泊4日で行われました. 小学校や中学校の理科では,地層の観察は必ず教科書に載っていますが,実際に観察したことがある先生はあまりいません.この実習では本物の地層や岩石を観察し,野外での地層・岩石の調べ方を初歩から学んでいきます. 昼間はハンマーなどをもって歩き回り,地図上に地層の分布などを記入します(ルートマップの作成).そして,夜にはルートマップを清書して,地層の積み重ねの様子をまとめます(柱状図の作成). まだ,残暑の厳しい時期に昼間は肉体労働,夜も遅くまでデータの整理とたいへんハードな実習です(別名「強制労働キャンプ」とも呼ばれています). でも,お楽しみもあります.晩ご飯です. 泊まるのは30年近く毎年,お世話になっている親切な宿で,今年もごちそう三昧でした.写真がうまく撮れていませんが,左上が「鯛のほうろく焼き&お刺身」,右上は「ハモ鍋」です.冷たいビールとともに野外調査に疲れた体を癒してくれました.

地学研究室 コメントは受け付けていません。