Monthly Archives: 7月 2012

全国数学教育学会での発表

先日の6月23日、24日には、岡山大学で全国数学教育学会第36回研究発表会が開催され、本学の院生のうち、2名が研究発表を行いました。 今回は、ストレートと現職の院生がそれぞれ1名ずつ発表をしました。 伊達 肇:「小学校算数科における「問題設定を軸とした問題解決型の授業」の研究」 八木 遼子:「小学校において「算数・数学に関する社会で求められる力」を育成するための数学的モデリングの研究」 それぞれ、発表の際には、会場から建設的な質問や意見を賜り、今後の研究への励みとなったようです。 なお、今回は本学の教員も発表を行いました。 濱中裕明、加藤久恵:「高校における構造指向の数学的活動について」 がんばっている院生たちに負けずに、教育実践学の更なる発展を目指して頑張っていこうと思います。

数学教室 コメントは受け付けていません。