Monthly Archives: 2月 2016

CSTマスター授与式および講演会

先週の1月29日(金)にCSTマスターの授与式と講演会が開催されました。 CST(コア・サイエンス・ティーチャー)とは、地域の初等・中等教育の場で、指導的な役割を担うことができる理科教員のことです。兵庫教育大学で は、平 成21年度から2年間にわたりJST(科学技術振興機構)からの受託事業として、CST養成拠点構築事業を試行しました。現在は、兵庫教育大学独自の CSTプログラムとして開講しています。 そしてCSTマスターの称号は、地域の理科と科学教育において、指導的な立場で積極的な活動を行っている修了生に対して、CST運営室から授与しています。今年度は  繁戸 克彦氏に授与されました。 講演会に先立ちCSTマスターの授与式が行われました。 引き続き講演会が開催されました。 演題:  今、理科教師としてできること―実験観察会や研究発表会、生徒に科学する機会を作りたい- 講師: 繁戸 克彦氏(兵庫県立神戸高等学校) <生物分野 平成 12年度修了> 日時: 平成28年1月29日(金) 14:50-16:20 (*14:45-14:50 CSTマスター授与式) 場所:自然生活健康棟 116号室  CSTマスター授与者のこれまでの活動を紹介します。 1.兵庫「咲いテク(Science&Technorogy,Sci-Tech)」事業推進委員会事務局長 2.「サイエンスフェアin 兵庫」を企画運営。 3.咲いテク事業による高校・大学・企業・研究機関などの交流を通して科学技術系人材育成の兵庫モデルの構築を目標に活動 。 4.身近な生き物の系統を遺伝子を調べる分子生物学的手法を高校生が体験するとともに、自然環境の変化や生物多様性について考える機会を創出。 5.遺伝子を理解する分子生物学実験の開発、実施と普及活動 6.分子生物学形質転換実験や電気泳動実験などの実験会の実施と県下の高等学校に実験教材と環境(実験器具、材料等の貸与)供給により実験の普及活動。 7.「環境教育」高等学校用副読本(兵庫県教育委員会)の編集委員、「ことばの力」高等学校用副読本(兵庫県教 育委員会)の編集委員や公開授業、兵庫県立教育研修所での講演など。 8.サテライトサイエンス 小学生・中学生対象の科学実験講座、科学への興味関心の育成を目的として年2-3回程度実施 9.第92回 日本生物教育学会全国大会(兵庫大会)でのシンポジウムのパネラー CSTプログラム受講生の中からも後に続く人が育つことを願っています。

理科教室 コメントは受け付けていません。