CSTマスター講演会

2月9日(水)にCSTマスターの授与式と講演会が開催されました。

CST(コア・サイエンス・ティーチャー)とは、地域の初等・中等教育の場で、指導的な役割を担うことができる理科教員のことです。兵庫教育大学で は、平成21年度からJST(科学技術振興機構)からの受託事業として、CST養成拠点構築事業を2年間試行した後、現在は兵庫教育大学独自の CSTプログラムとして開講しています。

CSTマスターの称号は、地域の理科と科学教育において、指導的な立場で積極的な活動を行っている修了生に対して、CST運営室から授与しています。今年度は 西村 秀洋氏に授与されました。

講演会に先立ちCSTマスターの授与式が行われました。

引き続きCSTマスター講演会が行われました。

演題:生命科学技術教育15年間の取り組み
-高校生にシーケンサーや電子顕微鏡は使えるのか- 

講師:西村秀洋氏(大阪府立園芸高等学校 首席)

<生物分野 平成12年度終了>

日時:平成29年2月8日(水)16:30-18:00
(16:30ー16:35 CSTマスター授与式)
場所:自然,生活・健康棟116号室

園芸高校での研究活動やSSHの取り組みなど、高校生を巻き込むような勢いを感じる、興味深いご講演でした。CSTプログラムの履修生にもよい刺激となったことでしょう。

 

This entry was posted in 未分類, 理科教室.

Comments are closed.