福田喜彦|教員紹介|兵庫教育大学社会系コース

兵庫教育大学社会系コース

教員紹介

福田喜彦  FUKUDA Yoshihiko

福田喜彦

専門領域(研究分野)

  • 社会科教育学

教育・研究に対する考え方

 私は,①昭和戦前期の歴史教育実践史研究,②基本的人権を核とした市民性育成教育の授業内容研究,③NIEによる社会科授業実践研究の3つの視点から研究を進めています。①では,歴史教育雑誌の教育実践に基づく実証的な分析によって,昭和戦前期の歴史教育の理論と実践を類型化し,その特質と限界を明らかにしたいと考えています。②では,ハンセン病や水俣病,DV,セクハラなどを核とした人権教育の授業内容開発を推進し,市民性を高め,合理的で法的な知識・理解・判断力を育成する社会科授業に取り組みたいと思います。③では,愛媛県NIE研究会を組織して,県内のNIE実践校の先生方や新聞社と協力し,NIE活動の普及にも努めました。今後も各種の関係機関と協力して進めていきたいと思います。このように私は,高等学校教員としての実務経験と社会科教育研究者としての教育研究歴を生かして,豊かな人間性と高度な教育実践力を備えた社会科教員の養成や学生の支援に取り組みたいと考えています。

担当授業

(1)学部
 社会科教育法Ⅱ・Ⅳ
 初等社会科教育法
 初等生活
 初等社会Ⅰ
 保育内容環境論
 教職実践演習

(2)大学院
 社会系教科教育論Ⅰ
 社会系教科教育授業研究Ⅰ・Ⅱ

メッセージ

現職の先生方へ

 グローバル化が進展するなかで,社会系教科の授業づくりも多様化し,これまで学校現場で実践してきた授業がどのような意味をもっているのかを自ら問い直す機会が多くなってきていると思います。現在,社会系教育の学会や研究会でも多様な言語を駆使して,社会系教科の理論や実践を発信することが求められています。私は,東アジアの教員養成に関わる先生方といっしょに,市民社会で共有できる社会系教科の授業のあり方を模索しています。国際化のなかに生きる子どもたちが「市民性」を身につけるためにはどのような授業をしていけばよいのでしょうか。兵庫教育大学大学院で様々なリサーチをもとに共同研究して明らかにしていきましょう。

高校生の皆さん

 「高大連携」という言葉を聞いたことがありますか。いま,大学と高校は新たな教育改革に向けてともに進んでいます。みなさんが高校で学んでいる社会系教科も大きな転換点に来ています。自ら学んだことを発信して,いろいろな人たちと学びを深めていく姿勢が求められているのです。私は,スーパーグローバルハイスクールの歴史の授業で,日本と韓国の社会や文化を高校生のみなさんとともに学びました。また,地理の授業では,水俣病問題を題材に,日本地理学会の高校生ポスターセッションで発表を行いました。兵庫教育大学を目指している高校生のみなさん。こうした世界に向けてメッセージを発信できる教員をめざして一緒に頑張りましょう。

ページトップへ戻る