おさめびと

おさめびと一覧へ戻る

第6弾 5期生 中村あおゐ先生

コース長です
「おさめびと」シリーズ第6弾をお送りします!
その1です。

 特別支援教育の最前線を走り続ける「修了人(おさめびと)」を求めて、川西市立多田中学校を訪問しました。今回のインタビューに応じてくださったのは、特別支援教育コーディネーターコース5期生の修了人 中村あおゐ先生です。

1.大学院の志望の動機はどのようなものですか。
 はじめて特別支援学級を担任した時は分からないことばかりで、多くのかたにいろいろなことを教わりました。その際に、科学的な根拠にもとづいて教育実践を行わなければならないことを初めて知り、子ども達の行動の背景に何があるのか、それに対する手立てをきちんと学びたいと思いました。
 また、当時、校内の特別支援教育コーディネーターもしており、通常学級の保護者から子どものしんどさや進路についての相談を受けることがありました。これらのことをきっかけに、もっと専門的に学びたいと思って、コーディネーターコースを希望しました。

2.大学院での学びについて教えてください。
 まず、特別支援教育(障害児教育)の歴史や現在の状況、これから向かっていく先など、国内外における特別支援教育について系統的に学び、俯瞰的に知ることができました。これは独力ではなかなか難しいことで、大学院だからこその貴重な学びであったと思います。
 また、特別支援教育に必要なこと〜アセスメントとそれに基づく指導法、学習支援や行動支援の方法など、直接的な子どもの指導・支援に関することはもちろん、家族支援についても丁寧に具体的に教えていただきました。これらのすべてが今、毎日の実践に役立っています。それと同時に、講義や課題では、自分自身が思うように理解できなかったり進めることができなかったりすることもあり、子どもたちのできなさや辛さを自分のこととして痛感しました。そんなことも、今では子どもを理解する助けとなる貴重な経験です。
 コースで実施される個別実習では、一人の子どもに向き合い、試行錯誤しながらじっくり取り組めたことがよかったです。実習で壁にぶつかった時には、先生がたのアドバイスはもちろん、コースの仲間にもたくさん相談に乗ってもらいながら進めまし た。この個別実習を通して、根拠をもって指導すれば子どもは変化するということを身をもって知りました。
 そのほか、講義や課題、実習などを通して、わからないことの調べ方や、パワーポイント等を使用して簡潔に伝えるスキルを学べたことも、今、役立っていることの一つです。現場に戻り、特別支援教育について、自分の思いを伝えるだけでなく、背景や根拠をもって伝えることの大事さを実感しています。

コース長です「おさめびと」シリーズ第6弾をお送りします!その1です。 特別支援教育の最前線を走り続ける「修了人(おさめびと)」を求めて、川西市立多田中学校を訪問しました。今回のインタビューに応じてくださったのは、特別支援教育コーデ...

Posted by 兵庫教育大学大学院特別支援教育コーディネーターコース on 2015年5月26日

コース長です
「おさめびと」シリーズ第6弾をお送りします!
その2です。
特別支援教育の最前線を走り続ける「修了人(おさめびと)」を求めて、川西市立多田中学校を訪問しました。今回のインタビューに応じてくださったのは、特別支援教育コーディネーターコース5期生の修了人 中村あおゐ先生です。

3.大学院終了後、学校現場において、具体的にどのような実践をつまれているのでしょうか?
 現在(2014年度)、特別支援学級(自閉症・情緒障害学級)の担任をしています。校内の特別支援教育コーディネーターも兼任しています。担任している生徒にさまざまな行動問題がみられた時、大学院の講義で学んだ応用行動分析を用いることで、その行動を冷静に見て、手立てを考えていくことができました。
そして実際に生徒の様子に変化が表れていくのが見られると、とても嬉しく、やりがいを感じました。科学的な知見がその子の成長につながることを実感するとともに、子ども達の成長を長期的なスパンで捉えることができるようになりました。

4.現在、学んでいる院生に向けて、メッセージをお願いします。
 同じコースの仲間に相談したりアドバイスをもらったりしながら、一緒に学べたことは本当に良かったです。今も繋がりがあり、具体的な指導等の相談に乗ってもらったり、思うところを聞いてもらったり、別の場所で頑張っている姿に励まされたりしています。
 コーディネーターコースでは、日々、講義や実習、課題に追われて大変だと思います。しかし、ともに苦しい道を乗り越え、ともに特別支援教育を学んだ仲間の存在は、現場に戻ってからの大きな支えとなります。
学んだ専門的知識はもちろん、仲間や、先生がたの存在…すべてが大きな財産になると思いますので、ぜひがんばってください。

コース長です「おさめびと」シリーズ第6弾をお送りします!その2です。特別支援教育の最前線を走り続ける「修了人(おさめびと)」を求めて、川西市立多田中学校を訪問しました。今回のインタビューに応じてくださったのは、特別支援教育コーディネ...

Posted by 兵庫教育大学大学院特別支援教育コーディネーターコース on 2015年5月26日

おさめびと一覧へ戻る