兵庫教育大学 特別支援教育モデル研究開発室

ミッション

ミッション

(1)特別支援教育スーパーバイザー(仮称)育成プログラムの開発

 特別支援教育スーパーバイザー(仮称)は、地域の特別支援教育を推進するトップリーダー的存在です。この人材像を検討するプロセスで、どのようなリーダーシップが求められているかを明らかにしていきます。

 育成プログラムでは、地域の「状況」を把握するなかで、自ら「課題」を発見して「解決」していくための力量形成を図ります。

(2)大学院と学部から協働する発達障害に関するカリキュラム開発

 (1)特別支援教育コーディネーターや通級指導教室担当者など、学校において発達障害支援の中核となる人材(ミドルリーダー)の育成と、(2)学部(初等教育教員養成課程)における特別支援教育に関する教育が、コラボレーションするカリキュラムの研究&開発をおこなっています。

 具体的には、特別支援教育コーディネーターコースの大学院生(現職教員)が、学部教育へ参画する仕組みづくりについて検討しています。

 この成果は、教育委員会が実施する研修会向けのエッセンシャル版研修プログラムに反映させます。このエッセンシャル版でも、ミドルリーダーが初任者への研修担当者として活躍することをねらっていきます。

特別支援教育モデル研究開発全体構想

モデル育成プログラムの作成に向けて

大学院と学部が協働する研修プログラム開発