1. 兵庫教育大学TOP
  2. トピックス
  3. 学校教育学部3年の多田実乘さん(代表),横山和可さんたちで構成する「兵庫子ども支援団体」が,読売新聞社「第10回よみうり子育て応援団大賞奨励賞」を受賞しました

トピックス

2016年12月 8日掲載

学校教育学部3年の多田実乘さん(代表),横山和可さんたちで構成する「兵庫子ども支援団体」が,読売新聞社「第10回よみうり子育て応援団大賞奨励賞」を受賞しました

11月20日,本学学校教育学部自然系コース3年の多田実乘さん(代表),同学部言語系コース3年の横山和可さんのほか他大学の学生等で構成する「兵庫子ども支援団体」が,読売新聞社「第10回よみうり子育て応援団大賞奨励賞」を受賞されました。
「よみうり子育て応援団大賞」は,子育てに関連した実践活動に取り組んでいる国内の民間グループや団体を対象に顕著な活動に対して表彰するものです。
「兵庫子ども支援団体」は,平成25年11月に高校3年生3人で立ち上げ,以降,多くのサポート学生とともに,低所得収入世帯やひとり親世帯,多子世帯などの子どもたちへの学習支援を明石市や加東市で行い,学校の学習についていけない子どもの学習サポートや自然・社会教育などを通して子どもたちの成長を応援する活動を行っています。
このたび,同団体の子どもの学習支援に取り組む若い世代の姿勢が高く評価され,「よみうり子育て応援団大賞奨励賞」の受賞となりました。
受賞について,多田さんは 「第10回という節目の回でこの奨励賞という大きな賞をいただくことができ本当に嬉しく思っています。大学生が主体となって運営する団体がこの賞を受賞するのは初めてだそうで、このような学生の取り組みがもっと広がっていってほしいと思います。 継続して活動を行なっていきたいと思っていますので、興味のある方はぜひボランティアステーションに!」と,横山さんは「奨励賞という大きな賞を学生である私たちが受賞できたことを大変嬉しく思います。このことがきっかけでもっとたくさんの人が活動に参加していただけることを心よりお待ちしております!」とそれぞれ語っています。

1208_tada-2-1.jpg
   
1208_tada-3-1.jpg
(左から)多田さんと福田光完学長
   「よみうり子育て応援団大賞奨励賞」の賞状

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP