1. 兵庫教育大学TOP
  2. トピックス
  3. 平成28年度教育行政トップリーダーセミナー(近畿会場)及び特別セミナーを開催しました

トピックス

2017年1月11日掲載

平成28年度教育行政トップリーダーセミナー(近畿会場)及び特別セミナーを開催しました

12月23日(金・祝)~25日(日),神戸ハーバーランドキャンパスにおいて「教育行政トップリーダーセミナー(近畿会場)」(23,24日)及び「特別セミナー」(25日)を開催しました。
同セミナーは,地方分権化の進む教育行政において重要な役割を担うトップリーダーのマネジメント・リーダーシップを支援すること,及び情報交換の場を提供することを目的に,全国各地の市(区)町村教育長をはじめとする教育行政トップリーダーを対象として実施しているもので,今年度は各2回のセミナーを全国7会場(北海道/東北/関東/東海・北陸/近畿/中国・四国/九州・沖縄)で開催しました。
23日,24日の教育行政トップリーダーセミナー(近畿会場)には,全国から35人の教育長等が参加し,教育政策リーダーコース日渡円教授,小西哲也教授,毎野正樹准教授による「リーダーシップ―理念浸透―」と題した講義とグループワークを取り入れた演習が行われ,参加者らは演習課題に対して積極的に提案するなど熱心に取り組んでいました。
25日に開催された「特別セミナー」には,約60人の参加者があり,福田光完学長の挨拶及び来賓紹介が行われた後,前川喜平文部科学事務次官による「グローバル化時代の教育委員会と教育政策リーダーの在り方」と題した講演が行われました。グローバル化時代を迎えた教育の在り方について事例を挙げながら説明され,参加者らは熱心に耳を傾けました。引き続き,Tapio Lahtero ヘルシンキ大学附属学校総長・前ヴァンタ―市教育長(通訳:匝瑳岳美 同大学研究員)による「フィンランドにおける教育長の職務能力-良好から優秀へ」と題した講演が行われ,フィンランドにおける教育長の在り方について日本の制度との相違点も踏まえながら説明されました。その後,パネリストとして前川氏及びLahtero氏を迎え,日渡円教授をコーディネーターとして「グローバル化時代の教育委員会と教育政策リーダーの在り方」と題した全体協議が行われ,参加者からの意見・質疑を交えた活発な協議となりました。終わりに米田豊副学長から挨拶が行われ,3日間の全日程を終了しました。

2812top_01.jpg
2812top_02.jpg
演習「リーダーシップ②理念浸透-対話する力-」 福田学長による挨拶
2812top_03.jpg
2812top_04.jpg
前川事務次官による講演 Lahtero氏による講演
2812top_05.jpg 2812top_06.jpg
全体協議 米田副学長による挨拶

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP