1. 兵庫教育大学TOP
  2. トピックス
  3. 本学大学院生が毎日放送「ちちんぷいぷい」に出演しました

トピックス

2017年1月16日掲載

本学大学院生が毎日放送「ちちんぷいぷい」に出演しました

1月16日(月)、毎日放送の「ちちんぷいぷい」(13:55~17:50)に、課外プロジェクトに採択された「災害食 知ろう!作ろう!広めよう!」で活動されている大学院行動開発系教育コース2年生の小林裕子さんが出演しました。
阪神・淡路大震災から22年となる1月17日を前に、「視聴者に、災害時の食の対策の参考にしてほしい」と、小林さんと防災トライ部(課外プロジェクトチーム)が提唱している「災害食」が「Today's Voice」コーナーで紹介されました。

番組では、パーソナリティーの西靖アナウンサーが、小林さんの指導の下、災害食の調理体験と試食を行いました。「耐熱性ポリ袋で本当にご飯やおかずが炊けるの?」と半信半疑の西アナウンサーでしたが、できあがりに感嘆の声を上げ、「保存食ではなく常備食材で温かい食事が作れる、水も節約できる、バリエーションもいろいろ考えられる。これはぜひ視聴者の皆さんに知ってほしい」と熱く語っていました。
小林さんは三木市公立中学校の現職家庭科教諭。平成27年4月に入学以来「災害時の食の教育」をテーマに研究しており、平成28年度課外プロジェクトに採択された上記プロジェクトでは、常温保存できる食材を日常的に消費しながら補い、災害時に備える「災害食」を広める活動に取り組んでいます。

saigaisyoku-1.jpg
  saigaisyoku-4.jpg
「災害食」の紹介   災害食の調理体験に臨む西アナウンサー(右端)
と防災トライ部のメンバー
saigaisyoku-3.jpg
  saigaisyoku-2.jpg

番組ディレクター(左から二人目)に「災害食」の
説明をする小林さん(左端)

  災害食の試食
(左から)小林さん、西アナウンサー

 

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP