1. 兵庫教育大学TOP
  2. トピックス
  3. グローバル化推進教育リーダーコースが第2回『先生のための簡単!英語BRUSH-UP研修』(伊丹市教育委員会)を支援しました

トピックス

2017年9月 1日掲載

グローバル化推進教育リーダーコースが第2回『先生のための簡単!英語BRUSH-UP研修』(伊丹市教育委員会)を支援しました

8月30日(水),伊丹市総合教育センターにて,小学校教員を対象に,「先生のための簡単!英語BRUSH-UP研修」が行われました。2学期を迎える直前の開催となった今回は,JETプログラムで新しく伊丹市内の小学校にALTとして着任する2名を含め,総勢32名が参加されました。伊丹市教育委員会が主催する本研修は,授業の中で英語を話すことやALTとやり取りすることに対する不安の払拭,グローバル教育のきっかけとして英語と向き合うことなどを目的とし,グローバル化推進教育リーダーコースが,英会話のポイント指導やグループによるコミュニケーション演習などを実施しています。今回のテーマは,「I can ~.」です。
まず,和田あずさ助教から,聞き取りと発音のポイントとなる「英語らしい音」の仕組みについて,歌や動画による音素,単語,フレーズの発音の確認と,ババ抜きゲームを用いた聞き取りと発音の練習が行われました。次に,川﨑由花コース長とともに,日常で使える英語表現の口頭練習と,「I can ~.」を使用するやり取りについて,発音や単語の復習と先生と児童の役に分かれたsit downゲームを行いました。最後に,クレア・グレイディ助教との英会話では,文法,発音,フレーズの確認とマッチングゲーム,ひとりひとりとの対話活動などをとおして,総合的なコミュニケーション活動を体験しました。
参加者からは,「たくさん発音する機会を得られたのがよかったです。同時にたくさん聴けたことも学びになりました」「口の形,舌のうごかし方,ていねいに教えていただいたので分かりやすかったです」「実際にたくさん声を出させていただいたので,確認しながらでき,わかりやすかったです。『テンポよく,でもひとつひとつていねいに』でした」などの感想や,「発音のことを教えていただいたのですが,学校の方ではあまり気にせず(発音を)どんどん声に出してやっていくよう言われました。やっぱり発音は大切なんだ・・・と思うと,授業するのに少し構えてしまいます。もっと勉強しないと・・・」という率直な思いが寄せられました。
本コースでは引き続き,小学校におけるグローバル人材育成の支援を行っていきます。

290831itami001.jpg
  290831itami002.jpg

ババ抜きゲームを行う和田助教と参加者

 

川﨑コース長による英語表現練習

290831itami003.jpg   290831itami004.jpgのサムネール画像
グレイディ助教のイントネーション指導   新しいALTも加わったマッチングゲーム

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP