「不登校児童・生徒支援ボランティア説明会」を開催しました

10月8日(火),オープンセミナールームにてボランティアステーション主催「不登校児童・生徒支援ボランティア説明会」を開催しました。西脇市適応教室の指導員を講師に招いて,適応教室でボランティアをしている学生3名の体験談も交えながら説明が行われ,学生15名が参加しました。
指導員からは,適応教室の現状について,また,適応教室でのボランティアは子どもたちとの関わりを通して自分自身が成長できる場になるというお話がありました。講師の学生からは,「適応教室でのボランティアでは教育実習で学べなかったものが学べた」「学校ではできないことが適応教室ではできるとわかった」「先生と合わないという理由で不登校になった児童もいることがわかった」など貴重な体験談がありました。


01vo_vosetsu1.jpg
適応教室の現状を指導員から聞く
   01vo_vosetsu2.jpg
熱心に講師の話を聞く学生

★適応教室以外にも多くのボランティアがあります。ボランティアをやってみたい学生は,まずは大学会館2階ボランティアステーションに行ってみよう。Twitterでも情報発信しています。
https://twitter.com/hute_volunteer

  • イベントカレンダー
  • 就職・教員採用試験