ボランティア活動支援

ボランティア体験報告

「スクールサポーターに参加して」 【学習支援分野】

小学1年生が話し合いをすることの難しさ,またそのサポートに入ってアドバイスする難しさを実感した。上手く進められていなくても,無理に介入して話し合いが進むことより,その"上手くいかない"ことを学んで話し合いの仕方を知ってもらうためにあえてアドバイスすぎないという姿勢も大切なんだということを学んだ。(学部3年次生)

 

「子どもフェスタin兵教」に参加して 【不登校児童・生徒支援 ボラステ主催プロジェクト分野】

最初は,子どもと仲良くできるか,子どもが人見知りで話してくれなかったらどうしようかと考えていたが,社交的で,話しかけたら笑顔で応えてくれる子が多く,子どもと一緒に私自身も楽しんで子フェスに参加できた。子どもたちの創作力や考え方にとても驚かされたし,作品を作るときにはそれが子どもにとって納得のいくようなものになるように,私もお手伝いしようと努力した。(学部1年次生)

 

「県立陶芸美術館主催 夏休み!1日まるごとこどもの日」に参加して 【生涯学習分野】

ワークショップが始まってすぐの頃は,子どもに怖がられないように気を付けないといけないと思いながら,少し緊張していたが,一度話しかけると子どもが笑顔で答えてくれて,それ以降は自然に,友達のように子どもと会話することができた。子どもたちの発想は一人ひとり違っていて,お皿をひっくり返して使ったり,豆を大量にはりつけたり,貝殻の穴に別の貝殻を差し込んで新しい材料を作ったりと,かわいらしくて面白い作品をたくさん見ることができた。やっぱり子どもはすごい,と実感することができた。(学部1年次生)

 

「県立やしろの森公園・北播磨県民局主催 どろん子サッカー大会」に参加して 【生涯学習分野】

みんなと一緒に企画して作戦を立てて流れを考えて大変だったけど,本当に楽しくやってよかったなと思った。当日は,多くの友達がスタッフを手伝ってくれ,子どもたちも盛り上がっててくれてうれしかった。素敵なボランティアだと思った。(学部2年次生)

 

「神戸マラソン」に参加して 【地域・まちづくり分野】

「がんばれ!ファイト!あともう少し」と声をかけると,「ありがとう!」と返ってきて嬉しかったし,本当に楽しかった。走っている人たちみんな生き生きとしていてカッコよかったし刺激を受けることができた。(学部1年次生)

 

「ネットワーク交流会」に参加して 【ボラステ主催プロジェクト分野】

・普段,個人的にボランティアに参加していても知ることのできない情報を知ることができる貴重な話し合いの場だと思った。先輩方の発表を聞いて,どの方もとても積極的かつ継続的にボランティアに参加されていてすごいと感じた。また,そのことを意見交換の際に同じ班の皆さんに伝えると,同じように皆さんも感じていらっしゃって,改めて先輩方の偉大さを感じた。そして何よりも,団体の方々から,普段行われている活動の経験を織り交ぜての意見を聞けたことが,私にとってのとても貴重な経験となった。これから,その経験をちゃんと生かせるように,しっかり今回の学びを吸収しようと思う。(学部1年次生)

 

・会に参加して,自分の可能性の幅をどんどん広げていきたいと思った。ジャンルを問わず,チャレンジすることの大切さを学んだ。今日の学びを言葉に表しながら,これからの自分や子どもたちに還元していきたい。(学部3年次生)

  • イベントカレンダー
  • 就職・教員採用試験