1. 兵庫教育大学TOP
  2. トピックス
  3. 文部科学省委託調査研究成果報告会「『学び続ける教員』を支える今後の教職大学院のカリキュラムイメージを考える」を開催しました

トピックス

2014年3月24日掲載

文部科学省委託調査研究成果報告会「『学び続ける教員』を支える今後の教職大学院のカリキュラムイメージを考える」を開催しました

3月22日(土)、ホテルフロラシオン青山において、先導的大学改革推進委託事業(テーマ:今後の教職大学院におけるカリキュラムイメージに関する調査研究)に係る成果報告会を開催しました。
本事業では、今後の教職大学院における具体的かつ明確なカリキュラムの枠組みの方向性を提示するため,教職大学院の発展・拡充期におけるカリキュラムイメージに関し、専門的かつ具体的な研究を行ってきました。今回の成果報告会では、半年間に渡って、各ワーキンググループで検討されてきたカリキュラムイメージについて報告等が行われました。
報告会では、加治佐哲也学長から開会挨拶が行われた後、事業の委託者である佐藤弘毅氏(文部科学省高等教育局大学振興課教員養成企画室長)から、本事業の必要性や委託の経緯について説明が行われました。
引き続き、有識者会議及び共通5領域、学校経営コース、学習指導コース、生徒指導コースの各ワーキンググループの代表者から、事業の概要及びそれぞれのカリキュラムイメージについて報告が行われました。
その後、休憩を挟み、ワーキンググループ総括である米田豊教授の司会のもと、質疑応答が行われ、会場から、検討された研究成果に対して、カリキュラムの実効性や、大学の規模や所属する学生の質が異なる中でどのようにカリキュラムを構築し、運用していくのかなど、活発な意見交換が行われました。
質疑応答終了後には、君塚剛氏(文部科学省高等教育局大学振興課教員養成企画室室長補佐)より、全体の総括が行われ、最後に有識者会議の副議長である加賀勝研究科長(岡山大学大学院教育学研究科)から、多数のご参加に対し謝辞が述べられるとともに、「今回検討したカリキュラムイメージが、それぞれの教職大学院を特色あるものとしていくための一助となって欲しい」と期待を込められ、閉会しました。

0322-1.jpg 0322-2.jpg
加治佐学長による開会挨拶 佐藤室長による挨拶
0322_13.jpg
会場の様子
●研究成果報告
0322-3.jpg
0322-4.jpg 0322-5.jpg
福田光完副学長による全体の
理念等の説明
關浩和教授による共通5領域
カリキュラムイメージの報告
竺沙知章教授(京都教育大学)による
学校経営コースカリキュラム
イメージの報告
0322-6.jpg 0322-7.jpg 0322-8.jpg
黒岩督教授による学習指導コース
カリキュラムイメージの報告
和井田清司教授(武蔵大学)による
生徒指導コースカリキュラム
イメージの報告
米田教授による研究成果報告の総括
●質疑応答
0322-9.jpg
左から・・・司会:米田教授 有識者会議:福田副学長、加賀研究科長(岡山大学大学院教育学研究科) 共通5領域WG:關教授 学校経営コースWG:竺沙教授(京都教育大学)、淺野良一教授 学習指導コースWG:黒岩教授、佐藤洋一教授(愛知教育大学) 生徒指導コースWG:新井肇教授
0322-10.jpg
0322-11.jpg
 君塚室長補佐による全体総括 加賀研究科長(岡山大学大学院教育学研究科)
による閉会挨拶

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)ml.hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP