1. 兵庫教育大学TOP
  2. トピックス
  3. 特別支援教育モデル研究開発室主催 "Café LiaisonⅤ"を開催しました

トピックス

2015年3月19日掲載

特別支援教育モデル研究開発室主催 "Café LiaisonⅤ"を開催しました

2月19日(木)、附属図書館ラーニングコモンズPAOにおいて、子どもの創造性を育むワークショップを開催しているNPO法人CANVAS理事長株式会社デジタルえほん代表取締役の石戸奈々子氏を迎え、“Café LiaisonⅤ”を開催し、「子どもの創造力にスイッチオン!!!-インクルーシブ教育に向かって-」と題して、特別支援教育モデル研究開発室(モデ研)室長の宇野宏幸教授との対談が行われました。石戸氏は、デジタルによる新たな学びの創造を提案し、テレビ・雑誌をはじめマルチにご活躍されており、今回は「未来をつくるのは子どもの創造力と想像力」をテーマに、ご自身が取り組んでこられた子どものためのワークショップの実情やこれからのICT教育のありかた等を紹介されました。
石戸氏は新しい学びの環境を創造していく中で、子ども達が見せる大人にはない表現力こそが活動のモチベーションとなっていることや、これまでの近代型の教育から「感じる、考える、つくる、伝える」を重視した21世紀型スキルを育む教育への転換が今、求められていると語られ、宇野室長からは特別支援教育の視点からも、障害のある子どものたちの学びを見ることや、どう意欲を持たせるかが大事で、学校が多様な学びの場として創造的、創発的な学びを提供していく必要があるとの話がありました。
当日は、学部生と大学院生等、約30余人の参加者があり、興味深い講演内容に熱心に聞き入り、対談後のアンケートでは、「やる気スイッチを入れられるような授業を工夫していきたい」との感想が寄せられました。

Cafe LiaisonV トピックス用.jpg

 

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)ml.hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP