1. 兵庫教育大学TOP
  2. トピックス
  3. 「第35回兵庫教育大学大学院同窓会総会・研究大会in宮城」が開催されました

トピックス

2015年8月10日掲載

「第35回兵庫教育大学大学院同窓会総会・研究大会in宮城」が開催されました

8月1日(土)・2日(日),ホテル白萩において,兵庫教育大学大学院同窓会宮城大会が「今般の大震災の復興に,兵庫教育大学大学院で培った力を役立てよう」をテーマに開催されました。この大会は昭和57年2月の初回大会以来,毎年各地区支部の持ち回りで開催されているもので,今回は宮城県支部を中心に北海道・東北ブロックが力を結集し盛大な会となりました。宮城県・仙台市各教育委員会の後援事業として来賓のご臨席を得,北は秋田県から南は沖縄県まで18都府県の修了生・在学生と大学関係者など,合わせて85人の参加がありました。
8月1日の同窓会総会は,大橋博会長の開会挨拶から始まり,議案として平成26年度の事業報告や会計決算報告,役員改選による川村庸子新会長の就任,平成27年度の事業計画や会計予算案等について審議が行われ,原案どおり了承されました。
その後,研究大会が開催され,遠藤茂大会実行委員長の挨拶に続いて,来賓の西村晃一宮城県教育委員会教育次長から祝辞があり,次いで,大学院を修了後,優れた教育実践研究活動等を行い大学及び大学院同窓会の名誉を高めその発展に寄与された5人の同窓会員に加治佐哲也学長及び川村庸子同窓会長から嬉野賞等の賞状並びに記念品が授与されました。
続いて,加治佐学長による,「最近の教育改革について」と題する講演,同窓会員の松村環技術主査による「心のケア推進班における支援者支援事業に携わって」と大谷哲弘研修指導主事による「東日本大震災における教育領域の取組~こころのサポート授業と支援体制づくり~」の実践研究発表,NPO法人森は海の恋人理事長畠山重篤氏による「海をうらまず~大震災を越えて~」の記念講演が行われました。
研究大会後,情報交換会が開催され,会場内では東北各県から持ち寄られた銘酒に舌鼓を打ちながら,懐かしい学生生活を語り合い旧交を温める姿があちらこちらで見受けられました。最後に来年度の開催予定について案内があり,参加者は名残を惜しみながら再会を期してお開きとなりました。
8月2日の二日目は巡検が行われ,震災遺構候補施設の仙台市立荒浜小学校とその周辺,日本三景松島瑞巌寺などを巡りました。今なお残る大震災の爪痕を目の当たりにし,一日も早い復興を願うとともに兵庫教育大学大学院で培った力を役立てようと決意を新たにしました。

H27.8.1gakutyou.jpg
 
加治佐哲也学長による講演   川村庸子新会長の挨拶
     
hatakeyama.jpg

 
uresinosyou.jpg

畠山重篤氏による記念講演   教育実践研究活動等に係る表彰
     
 jyunnkenn .jpg
仙台市立荒浜小学校の見学

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)ml.hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP