1. 兵庫教育大学TOP
  2. トピックス
  3. 平成31年兵庫教育大学学校教育学部同窓会総会・研修会を開催しました

トピックス

2019年1月18日掲載

平成31年兵庫教育大学学校教育学部同窓会総会・研修会を開催しました

1月5日(土),神戸ハーバーランドキャンパスにおいて,平成31年兵庫教育大学学校教育学部同窓会総会・研修会が開催されました。大学からは福田光完学長をはじめ8名,同窓会からは大石学会長をはじめ50名の参加がありました。また,今年は子ども連れの参加も可能とするため託児所が設置されました。
同窓会総会は,大石会長の開会挨拶から始まり,議案として平成30年の事業報告や会計決算報告,平成31年の事業計画案や会計予算案,学部改革に伴う会則の改正等について審議が行われ,原案どおり了承されました。
研修会は,福田学長の祝辞に続き,本学社会系教育コースの森秀樹教授による「対話で考える―なぜ勉強するの―」と題する対話形式の講演が行われました。講演は,新学習指導要領の改訂のポイントとなる「主体的・対話的で深い学び」における深い学びとは何か,という問いかけから始まりました。続いて,「なぜ勉強するのか」という日常の何気ない子どもの問いかけに教師としてどう答えるのかについて,先生が同窓生の21期幹事長竹安雄一先生,21期髙田陽子先生,33期幹事長小野村保乃佳先生3名と対話を重ねながら核心部分に迫っていきました。これからの教師には,「アクティブ・ラーニング」の視点からの指導や授業改善について,子ども一人一人の学びが知識・技能の習得に止まらず,子ども同士を対話で繋ぎ考えを広げ・深めるファシリテータとしての役割が重要であることや立ち止まって考えることの大切さに気付かされる,深い学びとなりました。参加者からも次々と質問が出るなど,明日からの指導改善に役立つ熱のこもった研修会となりました。
平成24年度以降,毎年1月初めに開催する恒例の学部同窓会行事として定着し,参加者の顔ぶれも広がりつつあります。研修会後の懇話会では,大学の教員が同窓会員と年代を超え和気あいあいの内に親睦を深めました。

会長挨拶6823.JPG
学長挨拶6880.JPG
大石学会長による開会挨拶 福田光完学長による開会の祝辞
40周年DVD6869.JPG
森先生講演6975.png
大学創設期ビデオの視聴風景 森秀樹教授による講演
対話風景6916.JPG


集合写真6981.JPG
研修会での対話風景 記念の集合写真

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP