大学院夜間クラス

神戸ハーバーランドキャンパスは、仕事を終えた現職教員等が夜間に大学院の授業を受講できるよう、アクセスの良いJR神戸駅から徒歩8分の神戸情報文化ビルに設置しています。
夜間クラスでは大学院学校教育研究科の7コースが開講され、
神戸の港を臨むキャンパスで仕事と学業を両立しながら学位を取得することができます。

夜間クラスの授業時間

第6時限
18時30分~20時00分
第7時限
20時10分~21時40分

夜間クラスの授業開講状況(令和3年度)

課程専攻コース
修士課程人間発達
教育専攻
教育コミュニケーションコース    
共通科目または課題研究等
● 
幼年教育・発達支援コース    
学校心理・学校健康教育・発達支援コース ●  ● 
臨床心理学コース 
芸術表現系教育コース
生活・健康・情報系教育コース
専門職
学位課程
教育実践
高度化専攻
教育政策リーダーコース
学校教育コース 共通基礎科目

※(フレックス&プレイスカリキュラム制度)

教育政策リーダーコースでは、フレックス&プレイスカリキュラム制度を導入しています。これは、学生の要望等を踏まえた時期・場所で受けることができる本学独自の制度で、教員が学生のもとに赴き行う「出張講義」、教員の授業を収録したDVD等でフレックスに学ぶことができる「VOD方式講義」、学生が一堂に会する神戸ハーバーランドキャンパスでの「集中演習」や「フィールドワーク」の組み合わせを基本として受講していただきます。また、これらとは別に、専門科目「教育政策導入領域」4科目の授業内容の一部にもなっている全国各地で開催する「教育政策トップリーダーセミナー」に参加いただくことになります。

注)

  • 夜間クラスの臨床心理学コースは、「臨床心理士」養成に特化するため、夜間クラスの学生は「公認心理師」受験資格を取得することはできません。
  • 各専攻・コース(分野)における入学者の状況等により変更する場合があります。
  • 修士課程の課題研究と研究指導は木曜を利用できますが、原則は指導教員等と学生が相談のうえ、曜日・時限を設定することになります。
  • 修士課程の共通科目(選択必修)及び神戸ハーバーランドキャンパス特別支援教育プログラムの一部の科目は、土・日曜や休業期間中に集中講義として開講します。
  • 各専攻・コースの専門科目のうち集中講義で行う授業科目は、神戸ハーバーランドキャンパス又は加東キャンパスで開講します。
  • 演習科目の一部と実験・実習・実技科目は、土・日曜や集中講義形式等により加東キャンパスで開講することがあります。
  • 授業が行われない曜日、時間も院生研究室や図書室などの利用が可能です。