取得できる教員免許状と資格

  1. トップページ
  2. 取得できる教員免許状と資格

取得できる教員免許状の種類

  • 幼稚園教諭専修免許状
  • 小学校教諭専修免許状
  • 中学校教諭専修免許状(国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、保健、技術、家庭、職業、職業指導、英語、ドイツ語、フランス語、宗教)
  • 高等学校教諭専修免許状(国語、地理歴史、公民、数学、理科、音楽、美術、工芸、書道、保健体育、保健、看護、家庭、農業、工業、商業、水産、商船、職業指導、英語、ドイツ語、フランス語、宗教、情報、福祉)
  • ※専修免許状については、取得しようとする学校種・教科に対応した1種免許状を取得していることが必要です。
  • ※所属する専攻・コース以外で開設される授業科目を履修し、単位を修得することによって、上表以外の専修免許状の所要資格を取得できます。

「臨床心理士」の受験資格

「臨床心理士」は、(公財)日本臨床心理士資格認定協会が認定する資格で、有資格者は「心のケアの専門家」として、教育、医療、司法、福祉、産業などの活動領域で活躍しています。
・教育分野(スクールカウンセラー、教育センター、教育相談機関等)
・医療・保健分野(病院・診療所(精神科、心療内科、小児科他)、リハビリテーションセンター等)
・福祉分野(障害児通所/入所施設、児童相談所、女性相談センター、児童養護施設、障害者福祉センター等)
・司法・矯正分野(家庭裁判所、少年鑑別所、少年院、刑務所、児童自立支援施設、警察関係等)
・労働・産業分野(企業内相談室、EAP提供企業、ハローワーク、障害者職業センター等)
臨床心理学コースは、 臨床心理士の受験資格が得られるコースとして同協会から1種指定大学院として指定を受けています。所定の単位を修得し、臨床心理士有資格教員の研究指導を受け、臨床心理学に関する修士論文を作成、審査に合格のうえ修了した人は、臨床心理士資格試験の受験資格を得られます。詳しくは(公財)日本臨床心理士資格認定協会のホームページをご覧ください。

「学校心理士」の受験資格

(一社)学校心理士認定運営機構が定める「学校心理士」の資格認定を申請できる条件は、学校心理学に関する専門的実務経験等によっていくつかの〈類型〉に分かれています。
本学の所定の専攻・コースで学校心理学に関する所定の単位を修得し、かつ1年以上の学校心理学に関する専門的実務経験を有する人は〈類型Ⅰ〉での申請条件を得られる場合があります。
本学は〈類型Ⅰ〉での申請に対応する科目を開設していますが、履修に当たっては、専門性を担保する観点から、人間発達教育専攻、特別支援教育専攻(原則、障害科学コース)、教育実践高度化専攻授業実践開発コースおよび生徒指導実践開発コースに在籍する学生で、学校心理学に関連する修士論文等を作成する人に限定しています。
また、資格認定を受けるには〈類型Ⅰ〉の科目の履修に加え、筆記試験やケースレポート等の審査に合格することが必要です。詳しくは学校心理士認定運営機構のホームページをご覧ください。

※国家資格「公認心理師」の養成について検討中です。

  • コース概要
  • 担当教員一覧
  • 授業科目一覧・修了要件
  • 教育研究課題一覧
  • 取得できる教員免許状と資格
  • 在学生・修了生レポート
  • 在籍学生数と進路
  • Q&A

兵庫教育大学トップページ