在学生・修了生レポート

  1. トップページ
  2. 在学生・修了生レポート

生活・健康・情報系教育コース
※平成28年度より行動開発系教育コース[スポーツ健康系教育分野(保健体育)][応用生活系教育分野(技術・家庭、工業、情報)から改称

村上 咲子さん
行動開発系教育コース[スポーツ健康系教育分野](平成29年3月修了)

- 深い学びと素晴らしい出会い -

  体育授業に関する方法論だけでなく、体育・スポーツそのものについての知識を深めたいという思いの下、大学院へ進ませていただきました。本コースでは、体育・スポーツに関するさまざまな分野の先生方から、幅広くそして深い学びを得ることができます。また、月に一度、院生が主となって勉強会を開催し、現職教員もストレートマスターも互いに切磋琢磨しながら学び合うことができます。素晴らしい先生方とすてきな仲間たちに恵まれ、多くの財産を得ることができた2年間でした。今度は現場に戻り、ここで学び得たことを還元していきたいと思います。そして、1人でも多くの体育・運動好きの子どもが育ってくれたらと願っています。

原田 崇弘さん
行動開発系教育コース[応用生活系教育分野](平成29年3月修了)

- 充実した設備や支援 -

  「本物の学び続ける教員」になるために、必要な主体性を身に付けるために、大学院に入学しました。兵教大には研究に必要な設備や支援が十分に提供されています。幅広い知識を持った先生方から支援をいただいた教職キャリア開発センターや平日は22時まで開館している附属図書館、親身に対応していただいた保健管理センター、地域と教育の関わりに触れさせていただいた社会連携センターなど、大変充実した自然豊かな環境で得た学びは幸せな経験・時間でした。また、先生方からは最新の教育や研究、論文の読み方など、「本物の学び続ける教員」に必要な素養を丁寧にご指導いただきました。この経験を子どもたちに還元できるよう日々研鑽していきたいです。


小林 裕子さん
行動開発系教育コース[応用生活系教育分野](平成29年3月修了)

- 自分の新たな可能性を見つけることができた最高の学びの場 -

  教鞭を執る者として、常に学び続け成長していかなければならないと考えています。本学で学ぶ機会を得て、「教える立場」から「教わる立場」になってみると、想像以上に多くの気づきがあり、教員としての自分をさまざまな角度から省みることができました。専門である家庭科教育はもちろんのこと、多種多様な「学びの機会」が用意されており、自分のやる気次第でとことん学びを追究できることが最大の魅力です。研究テーマである「災害時の食の教育」に関する学会発表や課外プロジェクト活動など、研究や社会貢献のチャンスにも恵まれ、新たな自分の可能性を発見することができました。素晴らしい先生方との出会いと、この2年間の学びは私の生涯の財産です。

  • コース概要
  • 担当教員一覧
  • 授業科目一覧・修了要件
  • 教育研究課題一覧
  • 取得できる教員免許状と資格
  • 在学生・修了生レポート
  • 在籍学生数と進路
  • Q&A

兵庫教育大学トップページ