Q&A

幼年教育・発達支援コース

  1. Q1 どのように研究を進めていくのですか?
  2. Q2 夜間クラスには毎日通わないといけませんか?
  3. Q3 4年制大学を卒業していないと受験できないのですか?
  4. Q4 修了後の進路はどのようになっていますか?
1 どのように研究を進めていくのですか?

各自の研究課題について、指導教員による指導のもとで研究を進めていきます。過去の修士論文の題目を抜粋して以下に示しました。
・子育て支援における祖父母世代に関する研究-子育て支援講座を通して-
・障害児のきょうだい支援プログラムの開発-心理社会・教育・生活経験からの検討-
・運動能力の向上を目指す実践プログラムの開発と検証-狭い園庭での取り組み-
・幼保小連携による「気になる子」への支援-保育者と小学校教員の語りの分析から-
・子どもの遊びにおけるリズムに関する研究-身体的同調に着目して-

2 夜間クラスには毎日通わないといけませんか?

毎日通う必要はありません。幼年教育・発達支援コースの専門科目は、月曜日と水曜日の6時限目(18:30~20:00)と7時限目(20:10~21:40)に開設されています。それ以外の授業を受講したり、研究指導を受けたりする場合もあるので、週に2~3日通っている人が多いようです。2年間の授業料で3年間在籍できる長期履修学生制度を使うことで、余裕を持って学ぶこともできます。

3 4年制大学を卒業していないと受験できないのですか?
4年制大学を卒業していなくても、幼稚園教諭等の1種免許状をお持ちの方は受験できます。また、2種免許状をお持ちで幼稚園や保育所の勤務経験が3年以上の方は、事前に手続きをして資格審査を受けることで受験できます。
4 修了後の進路はどのようになっていますか?
昼間クラスの学生は、採用試験を受けて保育現場や小学校などの学校現場に就職する人が多く、夜間クラスの学生は、現職を継続される方や保育者養成機関に勤務される方が多いようです。中には、研究生としてさらに課題を追求する人や博士課程への進学を考える人もいます。

各コース・分野共通

  • コース概要
  • 担当教員一覧
  • 授業科目一覧・修了要件
  • 教育研究課題一覧
  • 取得できる教員免許状と資格
  • 在学生・修了生レポート
  • 在籍学生数と進路
  • Q&A

兵庫教育大学トップページ