1. 兵庫教育大学TOP
  2. キャンパスライフ
  3. ハラスメント相談

ハラスメント相談

  1. 兵庫教育大学の基本姿勢
  2. ハラスメントとは?
  3. 相談窓口
  4. ハラスメント防止ガイドラインパンフレット[4.7MB]

兵庫教育大学の基本姿勢

  • 兵庫教育大学は,教職員,学生等すべての構成員の人権・人格を尊重し,共に学び,働く権利を保障するため,民族,国籍,出身,性,障害の有無,職種などによる差別や人権侵害のない,健全で快適なキャンパス環境を築き,維持することに努めます。
  • また,構成員の人権に対する意識を啓発し,ハラスメントなどの人権侵害を防止するため,人権教育,人権啓発活動を積極的に行います。人権侵害があった場合は,被害者の権利回復の視点に立ち,迅速かつ適切に保護・救済に努め,加害者には厳しい態度で臨みます。
  • わたしたちすべての構成員が互いの人権・人格を尊重し,協力しあい,人権侵害のない,健全で快適なキャンパス環境を築いていきましょう。

ハラスメントとは?

本学では,ハラスメントなどの人権侵害に係る用語について,以下のとおり定義しています。

ハラスメントとは?

「セクシュアル・ハラスメント」及び「セクシュアル・ハラスメント以外のハラスメント」に分け,定義しています。ハラスメントに該当するかどうかは基本的には言動の受け手がそれを不快に感じるかどうかによって決まります。

また,ハラスメントを防止するためには,言動の受け手の感じ方や,意識に個人差があることを自覚して,「相手の立場や人権を尊重すること」が大切です。

セクシュアル・ハラスメントとは?

セクシュアル・ハラスメント(sexual harassment:以下,「セクハラ」という。)とは,本学の教職員及び学生等の関係において,言動の受け手を不快にさせる性的な言動(性的な関心や欲求に基づく言動をいい性別により役割を分担すべきとする意識に基づく言動も含みます。)を行うことをいいます。

また,その繰り返しによる修学,就労環境の悪化も意味します。
一般的に,大学においては,教員は学生指導,成績評価をする立場にあり,学生は相対的に弱い立場にあります。

したがって,教員からセクハラを受けても,それを拒否しにくい場合があります。また,これらの言動をする側は,無自覚のうちに相手に対して性的な不快感や恐怖感を与えている場合もあります。これらは,学生間でも起こり得ることです。

セクハラ以外のハラスメントとは?

教職員及び学生等の関係において,教育や勤務上の上下関係など優位な立場にあることを利用して,嫌がらせ,いじめ,研究妨害,就労上及び修学上の機会,条件,評価等で差別を行うことなどセクハラ以外のすべての人権侵害をいいます。

また,教育研究の場における上司,指導教官等からの嫌がらせ,研究妨害,採用や昇進,評価などの差別を称したアカデミック・ハラスメント(academic harassment;以下,「アカハラ」という。)も含まれます。これは,セクハラと同様に,言動の受け手を不快にさせる言動,その繰り返しによる修学,就労環境の悪化も意味します。

  • 本学においては,上記に関連する相談窓口を設けていますので,遠慮なくいつでも相談してください。
    また,1人で相談しにくい場合は,相談員の同意を得て,教職員,学生等1人を同行することができます。
  • 相談員を含め,相談に関わるすべての教職員は,「相談者をはじめとする当事者の名誉やプライバシーを堅く守ります。」ので,安心して相談してください。匿名による相談も受け付けています。
  • 相談の申込みは,相談しやすい相談員に,電話,電子メール,ファックス又は手紙により直接申し込んでください。
  • 相談は,匿名による相談の場合を除き,面談により行い,原則として,2人の相談員で対応します。
    相談を申し込んだ相談員以外の相談員も選択できます。
  • ハラスメントなどの人権侵害を見て不快に感じた者,その指摘を受けた者及び相談を受けた監督者等も相談できます。
  • セクハラを含め,それ以外の全般的な悩みに関する学外の相談機関がありますので,相談員に相談しにくい場合などに,気軽に御利用されることをおすすめします。

相談窓口

学内相談員

海野 千畝子 人間発達教育専攻 0795-44-2182 cunnotom[アット]hyogo-u.ac.jp
鳥越 隆士
特別支援教育専攻 0795-44-2096 torigoe[アット]hyogo-u.ac.jp
難波 安彦 教科教育実践開発専攻
0795-44-2160 namba[アット]hyogo-u.ac.jp
笠原 恵
教科教育実践開発専攻
0795-44-2195 megumi[アット]hyogo-u.ac.jp
山口 眞琴 教科教育実践開発専攻 0795-44-2082 makyama[アット]hyogo-u.ac.jp
木下 千代 教科教育実践開発専攻 0795-44-2264 chiyo[アット]hyogo-u.ac.jp
森田 啓之 教科教育実践開発専攻 0795-44-2227 hmorita[アット]hyogo-u.ac.jp
永田 夏来 教科教育実践開発専攻 0795-44-2188 nnagata[アット]hyogo-u.ac.jp
谷田 増幸 教育実践高度化専攻 0795-44-2132 tanida[アット]hyogo-u.ac.jp
加藤 久恵 教育実践高度化専攻 0795-44-2223 katohi[アット]hyogo-u.ac.jp
壷井 ゆき子 附属幼稚園
0795-40-2227 tigersyアット]hyogo-u.ac.jp
藤尾 美奈子 附属小学校
0795-40-2216 mfujio[アット]hyogo-u.ac.jp
相川 美和子 附属中学校
0795-40-2222 aikawa[アット]hyogo-u.ac.jp
中西 あつ子 教育支援課 
0795-44-2040 anakani[アット]hyogo-u.ac.jp
井神 朋宏 教育支援課 
0795-44-2041 tinoka[アット]hyogo-u.ac.jp
小山 直樹 企画課 0795-44-2334 nkoyama[アット]hyogo-u.ac.jp
藤井 三香子 キャリア支援課 0795-44-2355 mharu[アット]hyogo-u.ac.jp

人権委員会では,本学が人権侵害のない,健全で快適な教育研究の場となるよう努めておりますので, ハラスメント防止体制等について,御意見等がありましたら,プライバシーは必ず守りますので,下記あてお知らせくださるようお願いします。

兵庫教育大学人権委員会メールアドレス:office-jinken[アット]hyogo-u.ac.jp
※[アット]は@に置き換えてください。

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP