1. 兵庫教育大学TOP
  2. 入試情報
  3. 学校教育学部
  4. カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

 兵庫教育大学学校教育学部は,実践力と人間性に優れた学校教員が備えるべき資質能力を明確化し,具体的に示した「教員養成スタンダード」を開発し,それに基づいて,以下のような体系的なカリキュラム(教育課程)を実施しています。なお,学生による授業評価などに基づき,恒常的に組織的な授業改善に取り組んでいます。

◯現代的な社会課題に対応できる資質を高める「教養科目群」
 初年次教育によって主体的・協働的に探究する大学での学びを準備するとともに,諸学問領域において蓄積されてきた知見に基づいて諸課題に複眼的な視野から取り組むことで,複雑かつ急激に変化する現代社会において求められる教員としての教養を培います。

◯教職に必要な知識を養う「教職キャリア科目群」
 「教職の意義に関するもの」,「教育の基礎理論に関するもの」,「教育課程及び指導法に関するもの」,「生徒指導,教育相談及び進路指導等に関するもの」など学校教育の理論と実践に係わる知識を修得します。

◯教科等の指導に関わる実践的な内容を学ぶ「教育実践・リフレクション科目群」
 教科等の指導を中心とした実践的力量を形成するために初等教科内容,初等教科指導法について学ぶとともに,リフレクション科目において,実地教育での学びをその他の授業科目と結びつけることで,理論と実践の往還をおこないます。

◯実践を通して教職の実際について学ぶ「実地教育」
 附属学校園を活用するとともに公立校等の協力による多様な実地教育科目をカリキュラム全体の中に体系的に配置し,実践的な能力や他の教員等と連携・協働できる力を育成します。

◯自分の専門分野を深める「専修専門科目群」
 教員としての共通の基盤の上に,学生の資質,適性等に応じて,中等教育や就学前教育などにも対応できるよう特定の専門分野についての指導能力を高めます。

 入学した学生は,1年次から4年間にわたる実地教育(学校現場や社会教育施設などでの実習や体験など)や少人数での演習・実験・実技を通して,能動的に学修するとともに,各学年での自己の課題,長所・短所を認識し,その克服や伸長をめざして授業科目を履修していきます。その際,カリキュラムマップによって,各授業科目が,「教員養成スタンダード」のどの項目に当てはまり,どのような資質能力を養うのかを意識できるようにしてあります。また,教員養成スタンダードの各資質能力の修得状況を確認するため,5つの領域(学び続ける教師,教師としての基本的素養,子ども理解に基づく学級経営・生徒指導,教科等の指導,連携・協働)について,各領域に対応している授業科目の成績から導きだされる学修評価や各学生が蓄積した学修や体験に基づく成果物(ポートフォリオ)による自己評価,他者評価(大学教員,学生同士の相互評価含む)を行います。さらに,4年次の「教職実践演習」において,学生が教員としてふさわしい資質能力を身に付けているかを最終確認します。

お問い合わせ

本学HPに関するお問い合わせ

大学広報室
office-koho(あっと)hyogo-u.ac.jp ※(あっと)は@に置き換えてください

PAGETOP