入試情報大学紹介大学院コース紹介キャンパスライフ国際交流
search資料請求menuclose

トピックス

加古川市教育委員会と連携協力に関する協定を締結しました

 11月20日(水),加古川市役所において,兵庫教育大学(加治佐哲也学長)と加古川市教育委員会(小南克己教育長)が連携協力に関する協定を締結しました。

 本協定は,本学と加古川市教育委員会が教育委員会や学校等の教職員の資質向上やスキルアップのための研修において相互に連携協力し,地域の教育力の向上に寄与することを目的としています。

 協定の内容は,「教職員研修の企画及び体制整備に関する事項」,「教職員研修の実施に関する事項」,「兵庫教育大学における教育及び研究,企画実施する研修事業等に関する事項への連携協力」等について連携協力していくことになっています。

 当日の協定締結式は,本学から加治佐学長及び福井副学長,加古川市教育委員会から小南教育長をはじめ,山本教育指導部長,吉田次長,杉本次長など両関係者が出席のもと執り行われました。締結式では,加治佐学長から「ICTによる社会の変化に伴い,教員の役割も従来の対面による一斉指導方式とは違う形になっていく。」,小南教育長から「加古川市の教職員には,社会の変化に対応できる能力を身につけてもらいたい。そのために大学との連携をより深めたい」とそれぞれ挨拶が述べられました。

 協定締結式終了後,指導主事を対象とした研修会が開催されました。研修会では,小南教育長の挨拶,加治佐学長の講話に引き続き,本学大学院の山内准教授(社会系教科マネジメントコース)から「教科指導の支援で学校と結びつく-授業研究会における指導・助言の方法の共有化を手がかりに-」と題した講話が行われ,参加者は,講話,グループワークを通して,授業研究会における指導・助言の課題,改善ポイントについて認識を新たにしました。

1120kakogawa_1.jpgのサムネイル画像 1120kakogawa_2.jpgのサムネイル画像

1120kakogawa_3.jpgのサムネイル画像 1120kakogawa_4.jpg

PAGE TOP