入試情報 大学紹介 大学院コース紹介 キャンパスライフ 国際交流
search資料請求menuclose

トピックス

附属中学校3年生を対象に社会科特別授業「新聞フォーラム」を開催しました

 11月2日(月)、附属中学校3年生の生徒を対象に社会科特別授業「新聞フォーラム」を開催しました。

 第1部では、朝日新聞編集委員の高橋純子氏を講師に招き、「今、世界や日本で何が起きているのか、それを伝えるマスメディアの役割について」ご講演いただきました。読者自身が「問い」を立てて考えるための材料を新聞が提供していることのほか、「民主主義」や「主権者」の話など日本の政治やアメリカ大統領選挙にも通じるとてもタイムリーな話題について,中学生にもわかりやすくお話いただきました。第部では、高橋氏と生徒との討論会を行い、「なぜ政治に関心をもたないといけないのか」や「メディアリテラシー」について、生徒からの質問に高橋氏が答える形で行われました。最後に、「10年先、20年先を見通して、中学生の私達が考えておくべきこと、力をつけておくべきことなど将来を担う中学生に対するアドバイス」をお話いただきました。高橋氏が新聞記者を志した体験談もあり、進路や将来の仕事を考えるうえでもとても貴重な機会となりました。

 この「新聞フォーラム」は、兵庫教育大学の教員や大学院生も参観し、「学習の中の一環として生徒の学びを繋げており、とても良い取組みだ」「講師からマスメディアの政治に対する生の声が聞けたことがとても勉強になった」「実際に記者として働いている方から直接話を聞くことは、生徒にとってインパクトが違った」といった感想が寄せられました。

 なお、「新聞フォーラム」後に生徒が書いた感想は、「社会科通信」にまとめましたので、ぜひご覧ください。

社会科通信.pdf

topics_20201110_2.jpg 講師の高橋純子氏
topics_20201110_1.jpg 高橋氏と附属中学校生徒との討論会

PAGE TOP