入試情報 大学紹介 大学院コース紹介 キャンパスライフ 国際交流
search資料請求menuclose

神戸ハーバーランドキャンパス移転計画

2023年(令和5年)10月 神戸ハーバーランドキャンパスをJR新長田駅前に移転します

 兵庫教育大学は、2023年(令和5年)10月神戸ハーバーランドキャンパスを神戸市長田区(JR新長田駅前)に移転することとしました。神戸ハーバーランドキャンパスは、働きながら学べる夜間の大学院として、これまで1,000人を優に超える社会人の方々が学んでこられました。また、2020年度からは臨床心理学コースの昼間クラスも開講しています。
 このたび、教育研究機能を大幅に拡充し、Society5.0時代に対応した教員・社会人のリカレント教育の拠点として、また心理専門職養成の拠点として、さらなる発展をめざして移転することを決定しました。
 生まれ変わった神戸キャンパスでは、教師教育のトップランナーとして兵庫県・神戸市を中心に全国に発信できる教育研究を進めるとともに、長田地区の活性化に少しでも貢献できるよう、地元の方々や兵庫県・神戸市との連携を強化していきます。

新キャンパス(神戸キャンパス)概要

① 移転先住所等

神戸市長田区腕塚町五丁目(JR新長田駅・地下鉄新長田駅から徒歩約8分)
※兵庫県立総合衛生学院建替整備事業に伴い、新築ビルの6~8階に入居予定

newcampus_image_nagata.jpg  JR新長田駅前の鉄人28号モニュメント

② 神戸ハーバーランドキャンパスの2倍以上の占有面積

約3,600㎡(現在の神戸ハーバーランドキャンパス約1,700㎡)

③ 臨床心理相談室を大幅に拡充 ※子どもの不登校や発達障害,大人のストレスなどに関する相談などを実施

面接室4室、プレイルーム4室、観察室・検査室・カンファレンスルーム各1室を整備

④ Society5.0時代の教育への対応

STEAM教育の推進や教育とテクノロジーを融合した「Edtech」の活用を推進するための教育研究施設を整備予定

⑤ 社会人が学びやすい環境やシステムの整備

・ 対面授業・オンライン授業(同期・非同期)を学生が選択できる「Hyflex授業」を推進
・ 神戸キャンパスの授業をオンラインで配信できるよう教室のスタジオ化を計画

入学年度別修学キャンパス(大学院学校教育研究科)

newcampus_iten_nenji.png

PAGE TOP